東村山の家: 石井秀樹建築設計事務所が手掛けたリビングです。

プライベートの中のパブリック。多彩な空間を楽しむ家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

家族の構成によって住空間の形は様々ですよね。子育てを終えた夫婦や単身など、自由度の高い家族構成の場合は住空間の構成も人が住まう空間として多彩なアイデアでオリジナリティあふれる空間に挑戦する事も可能かもしれません。人の動線やアクションに習った自然な物であれば、新しくも違和感のない快適な空間となるかもしれませんよね。そこでご紹介するのは、夫婦二人の為の自由度の高い住まいです。石井秀樹建築設計事務所が計画したのは、選択の自由なアクションが可能な街路の機能をそのまま住空間へ落とし込んだような、一つの空間を共有しながらも各々が過ごしたいように過ごせる、そんな住空間でした。

スタイリッシュな外観

東京郊外のベットタウン、アパートや戸建住宅が立ち並ぶ静かな町並みにある80坪の広さを持った本住宅の敷地。お施主さんは50代のご夫婦に愛犬が一匹。そんな家族構成から、内部のプライバシーが明確に確保された住空間であればとにかく家の中で自由な生活を楽しみたいとの要望だったそう。まさに外観はシンプルでスタイリッシュな風貌をしたプライバシー性の高い外観。中に入るまでは一般住宅なのか店舗なのか、ギャラリーなのか見紛うファサードです。

PHOTO:K.Torimura

屋外のような感覚に

本住宅では「室」という区切りはないかもしれません。内部へ踏み入れると、壁面部と開口部の比率は開口部の方が大きいかもしれません。豊かな緑に包まれる、屋外のような感覚を味わえる開放的な内部空間です。大きな三つのが一層空間に広がりを感じさせてくれます。人が思い思いに過ごすパブリックなスペース、「街路」のように住空間を共有する感覚を体感する空間です。道の先に見える人を見るように、中庭の先の家族の気配を感じる、程よい距離感を味わえます。

PHOTO:K.Torimura

自然の中に住まう

通り道のように居室は「道の途中」かもしれません。特定な「室」を設けない事によって、陽の移ろいや天気、季節によってリビングと呼べるスペースは変化させることができそうです。回遊性と機能的な三つの庭、充分な開口によって、自然の一部のように住まう空間へ。一体化、連続する住空間には採光や通風も心地よく行き渡ります。何よりも自由度の高い開放的な空間です。

PHOTO:K.Torimura

見通しのいい住空間

「道の途中」にある寝室スペース、ここも例外なくプライベートの中のパブリックな場所にあります。中庭の植栽が対面する空間からの程よい目隠しに。共有する空間ですが、高低差をや素材を使い分ける事によって用途に変化をもたらします。どのスペースからでも楽しめる豊かな植栽は寝覚めにも、心地のいい光を浴びる事が出来そうです。

PHOTO:K.Torimura

光の灯す空間を楽しむ

夕景の中の内部空間は間接照明やスポットライトで照らす静かな雰囲気を持った空間に。必要な場所の必要な個所の照明を灯しても空間全体でその光と家族の気配を感じることができます。住まう家族の様々なアクションが儒空間や自然の景色と一体に感じる事ができるのかもしれません。ちょっぴり特別な家族の為の新な住まい、住空間をオリジナリティと自然に近い住まいのスタイルで叶えるのも一つかもしれません。

PHOTO:K.Torimura

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!