山坂の家: 樋口章建築アトリエが手掛けたリビングです。

3つ以上リラックスできる居場所のある家

kanako K kanako K
Google+
Loading admin actions …

1人暮らしだと全てが自分スタイルに、空間レイアウトや自身にとって一番いい位置など決めることが出来ますよね。家族という複数人で住まう住空間なら個人の部屋意外のどんな場所に自分のリラックスできる場所を見つけますか?今回ご紹介するのは、屋内外のスペースを上手に使ったリラックスできる場所に富んだ住まいです。樋口章建築アトリエが手がけるこちらの「山坂の家」は、家族の集まれる場所、一人になれる場所など家族ながらも個人個人のスタイルに合った寛ぎ方を愉しめる空間が広がっています。スペースの活かし方やアイデアに溢れた住み心地のいい家です。

植栽と建物のバランスのいい外観

敷地のロケーションは住宅が立ち並ぶ一般的な住宅地。見通しも太陽の日差しや風の通り抜けも抜群の角地に建つ本住宅は一階はブラックカラー、二階をベージュカラーのツートーンでまとめたシンプルでメリハリのある外観です。ちょうどコーナーに位置するスペースには屋上まで届く背の高い高木や視線を遮る低木をバランスよく配置した緑ある外観に。ナチュラルカラーの建物との相性もマッチした気持ちのいいデザインですよね。

玄関ポーチのリラックススペース

建物の一階スペースの奥まった位置にある玄関ポーチまで進むと、目を引くカラーの木扉とベンチのあるスペース。通りを見ればコーナーの植栽がちょうど目隠しとなるプライバシー性もある空間です。散歩帰りにちょっとだけ休んでリラックスするにも、買い物袋で手がふさがっている時にでも多目的に使えるスペースですよね。

吹き抜けのある開放的なダイニングスペース

室内ダイニングスペースは天井に開いた大きな吹き抜けスペースが印象的な明るく開放的な空間です。フロアと天井仕上げに木素材を用いながらも、吹き抜けや壁にはホワイトカラーでまとめると、ナチュラルな印象の中にも明るさとフレッシュな気分を味わえる空間に。キッチンカウンターは少し高めにプランして、生活感を感じさせないシンプルでスッキリとしたインテリアです。

目線を落とした家族のくつろぐ場所

リビングスペースはフロアレベルを少し落として、視線の変化と空間の広がりを感じることが出来るプランに。一つフロアレベルが異なるだけでも、リラックスする場所としてどことなく気分も変わりますよね。リビングに面した開口の先には太陽の日差しがたっぷり注ぐテラススペースに。フルオープンにすると太陽の光と風を感じられ、より一層居心地のいいリビングスペースに。

気配を感じながら趣味の時間を過ごす場所

二階スペースへあがると、ワンルームのような一体的な空間が広がります。上下階をつなげる吹き抜けによって、家のどこにいても家族の気配を感じることが出来そうです。もちろん二階スペースはフレキシブルに変化のできる扉も装備され、プライベートな空間も作ることは可能です。オープンでもクローズしてても、天井から伸びたハンモックでゆったりリラックスして趣味の時間を愉しめる場所ですよね。

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!