シンプルな空間に個性的なインテリアが光る家

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

インテリア好きの人にとって理想的な空間とはどのようなものでしょうか?自分の好みの家具やインテリアの良さを引き出し、それらと調和する空間するような家だったら嬉しいですよね。今回ご紹介するタイラ ヤスヒロ建築設計事務所がて手掛けたこちらの住宅は、シンプル、モダンで居心地の良い空間にアクセントとなるインテリアが光る住まいとなっています。では早速見て行きましょう。

​縦長の窓が目を引く外観

シンプルな外形に2階部分の縦長の窓、赤いポスト、家の顔とも言える木製の玄関扉がアクセントを添えています。外壁には雨や雪などへの耐久性を考慮し、ガルバリウム鋼板が採用されています。またこのガルバリウム鋼板の裏には断熱材が吹き付けられており、断熱性と防音性の向上が図られています。

​広々と明るいLDK

リビング、ダイニング、キッチンは仕切りのないオープンスペース。大きな開口からたっぷり光の入る明るい空間です。玄関からキッチンおよびダイニングへは段差がなく、土間コンクリートの床でつながっています。こちらはリビングスペースからダイニング方向を望んだ様子。リビングスペースはダイニングから10㎝ほど高い床レベルに設定され床も素材を変えて無垢フローリングで仕上げられており、オープンなスペースながらゆるやかなゾーニングがされています。シンプルナチュラルな空間の中、インドの古材枕木を利用した引戸がその味のある存在感を示しています。

​こだわりのキッチン

こちらはダイニングおよびキッチンスペースの様子。キッチンカウンターは既製品ではなく、この家の雰囲気に合わせて設計、製作されたものです。アイランドタイプのシンク部分と壁付きタイプのガスコンロ部分の2つのカウンターが作られました。天板にはステンレスの無垢板が使用され、また扉、引き出しには防水のためのウレタン塗装が施された木素材が使用されています。真鍮製のペンダントライト、アンティーク調の家具や絨毯の映えるすっきり、シンプルかつ木のぬくもりの感じられる空間となっています。

​収納たっぷり、明るい洗面所

こちらは一階にある洗面所です。白い壁に、古材足場板を利用した洗面鏡、木の風合いに趣のある洗面台が映える空間です。高窓が設けられて、採光面でも考慮がなされています。たくさん収納があるのも嬉しいですね。

​オリジナルの階段

階段もこの住まいの雰囲気に合わせて作られたもの。スチールと木材を組み合わせて作られた螺旋階段です。螺旋階段をすべて鉄骨部材で製作するとなるとかなりの費用が掛かってしまいますが、このように鉄骨と木材を組み合わせ、また鉄骨部材に規格品を採用することで費用を抑えることができます。 黒い鉄骨とあたたかみのある木材のコントラストがこの住まいの雰囲気にマッチしていますね。

​静かな雰囲気の2階

2階には主寝室、2つの子供室、納戸そしてトイレが配置されています。主寝室と子供室の間に廊下、そして2つの子供室の間に納戸を配置することで音の問題に配慮された空間設計がされています。2階は1階とは対照的に白を基調として落ち着いた静かな印象でまとめられていますが、ドアや寝室の壁など所々に使用された青緑色がシンプル、プレーンな空間にさわやかなトーンのアクセントを加えています。

シンプルな空間に個性的なインテリアが光る家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!