中庭にもなるピロティー: 松本匡弘建築設計事務所が手掛けたベランダです。

宙に浮かぶ家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家の個性をどこから感じるでしょうか。多くの人は、その外観から感じるかもしれません。最近では様々な姿の家が建てられるようになったとはいえ、その大部分は箱型であったり、三角形の屋根をのせたものなど、多くの家の姿は似ています。そのため外観に特徴があれば、家には個性が生まれることになります。そこで紹介したいのは特徴的な外観を持った家です。

宅地開発された土地に建つ家

宅地のなかにある開放的な住宅: 松本匡弘建築設計事務所が手掛けた家です。
松本匡弘建築設計事務所

宅地のなかにある開放的な住宅

松本匡弘建築設計事務所

今回紹介する家を手がけたのは松本匡弘建築設計事務所。家は神奈川県の葉山町に建てられました。敷地があるのは宅地開発された小高い場所。遠くに山を望める景観の良い場所ですが、それはいつまで続くかわかりません。というのも周りの宅地には家が建てられる可能性があり、周りの風景が変わる可能性がありました。そのため変わる可能性のある風景を考えた家を建てることが考えられました。

中に浮いて見える家

周辺の環境を見渡しやすい建築形態: 松本匡弘建築設計事務所が手掛けた家です。
松本匡弘建築設計事務所

周辺の環境を見渡しやすい建築形態

松本匡弘建築設計事務所

宅地開発された住宅地には、まばらに家が建てられています。そんな場所で本住宅は一際人目を引くでしょう。家は箱型の形になっていますが、それは明らかに特別な外観をしています。家の1階部分の大部分は柱だけになっていて、その上に2階部分があります。特に2階を支える柱は細く目立って見えることはありません。そのため、まるで家が宙に浮いているように見えるでしょう。

庭の役割を果たす空間

このような宙に浮いて見える家ですが、柱しかない1階のところはの役割を果たすことになります。そこでは太陽の光を浴びたり、外の風にあたることができます。また木々が植えられているため、ここでは自然を身近に感じることができるでしょう。家そのものは敷地いっぱいに建てられていますが、1階の建物を小さくすることで、ここでは庭を造ることを可能にしているのです。

気軽に訪れられる場所

日陰にもなり、日向ぼっこもできたり、風を感じたりできる場所: 松本匡弘建築設計事務所が手掛けた庭です。
松本匡弘建築設計事務所

日陰にもなり、日向ぼっこもできたり、風を感じたりできる場所

松本匡弘建築設計事務所

またここに造られた庭は従来のような庭の役割を果たすだけに留まりません。外から見ると庭の様子は簡単に見ることができます。また気軽に立ち寄ることができます。そのため友人や近所の人が訪れた際には、気楽に話ができる場所になるでしょう。それは日本家屋の縁側のように開かれた場所になるのです。

開放感を生み出す空間

閉じたり開いたりする場所。: 松本匡弘建築設計事務所が手掛けた庭です。
松本匡弘建築設計事務所

閉じたり開いたりする場所。

松本匡弘建築設計事務所

そもそも敷地があるのは宅地であるため、今空いている場所でも、これから多くの家が建てられることになります。そして周りの風景は変わっていきます。場合によっては家に取り囲まれて閉塞感を感じることになるかもしれません。そのため今現在見える風景を期待した家づくりは将来のことを考えるとリスクがあるのです。そこで、ここでは外の風景を期待するのではなく、家の中に開放感を得られる空間を造ることになったのでした。そして、このような宙に浮かんで見える外観となったのです。

個性だけでなく機能を持った特別な家

軒下に照らし出される樹々の影: 松本匡弘建築設計事務所が手掛けた家です。
松本匡弘建築設計事務所

軒下に照らし出される樹々の影

松本匡弘建築設計事務所

本住宅で印象に残るのは個性的な外観。ですが、それは見かけだけではありません。ここでは建物の下の空間を庭として使うことができます。また、それは縁側のように近所の人や友人が訪れた際の交流の場となります。何より、周りの風景が変わろうとも、それは開放感を生み出してくれるのです。このような家は強い個性だけでなく、心地良い暮らしを可能にしてくれることでしょう。

個性的な外観の家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!