見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

木の香りがするお風呂デザイン

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

お風呂という響きは「バスルーム」や「浴室」というのと少し違うのではないでしょうか?そしてお風呂と聞いて、心なしか木の香りとともにゆったりとした空間が思い浮かんで来ないでしょうか?世界中の人達に胸を張って「日本の文化です。」と言えるお風呂ですが、最近は掃除のしやすい機能的な物が主流になってきていることも事実です。今回はそのような私たちの疲れを癒してくれる、木の香りがするお風呂デザインをご紹介していきたいと思います。

大きな間仕切りドアのあるお風呂

H house: ATELIER A+Aが手掛けた浴室です。

海外ではトイレと洗面台、そしてお風呂が一つの部屋に設置されている場合が多いと思いますが、日本人は、やはり湯船に入る前に身体を洗うことができて、できればトイレとは別がいいと思うのではないでしょうか?この写真のお宅では洗面台とお風呂場をガラスドアで仕切っています。しかし床と天井を段差なく通しているので、用途は違っていても大きい空間としてとらえることができます。木の素材を2種類使っているのに違和感がないのも大きな空間の中にあるからでしょう。

露天風呂の要素を持つお風呂

那須高原の家: TAMAI ATELIERが手掛けた浴室です。
TAMAI ATELIER

那須高原の家

TAMAI ATELIER

何年か前から続く温泉人気ですが、今なお若い世代から高齢者までその人気は衰えていません。そうです、多くの人がたまには温泉に行って疲れをとりたいと考えているのです。こちらの写真のお風呂はもちろん温泉ほどの大きさは望めませんが、角の窓をスライドするだけで露天風呂の要素を持ったお風呂になりました。自宅にこの写真のようなお風呂があったならば、たまには温泉に・・・などと思わなくなるかもしれません。

柔らかく調和のとれたお風呂デザイン

西宮北口の家: 福田建築工房が手掛けた浴室です。
福田建築工房

西宮北口の家

福田建築工房

こちらのお風呂は、自然の素材にこだわった家造りをコンセプトに福田建築工房によって設計されたお宅にあります。住宅にはコンセプトの通り、木、漆喰、紙という自然素材がふんだんに使われています。お風呂の床及び湯船の立ち上がり面には温泉などでも使われる石を使っていますが、木の淡い風合いと柔らかく調和しています。これらの自然素材ですが、乾いているときと濡れたときでは色も風合いも変わってきます。だから、お風呂を使う度にいろいろな表情を楽しむことができます。

離れにあるお風呂

離れにある浴室: NEO GEOが手掛けた洗面所&風呂&トイレです。
NEO GEO

離れにある浴室

NEO GEO

こちらのお風呂は、重要伝統的建造物群保存地区に定められた築約200年の町家をリノベーションした「今井町の家」の離れに設けられました。母屋から少し歩いてお風呂に行くわけですが、たどり着くまでわくわくしてきそうです。そして湯船につかったとき目の前の窓から外を見ることができます。空間のデザインだけでなく外の風景も快適なお風呂の時間を過ごすことに効果を上げています。。

海と暮らす人のお風呂

このお宅は海岸まで100mというところに建っています。そして、2階は180°のパノラマビューでロフトに上がると太平洋が見渡せるそうです。お風呂は海から帰ってきて直接入れるように外からの入り口があります。潮の香りと木の香りが混じり合うこのような家では、自然にすんなり溶け込んで暮らすことができるでしょう。

自然にこだわるお風呂

露天風呂感覚のお風呂: 有限会社 光設計が手掛けた浴室です。
有限会社 光設計

露天風呂感覚のお風呂

有限会社 光設計

こちらの住まいは自然素材だけではなく自然エネルギーも有効に利用することを考えて造られました。完成してから10年経っているそうですが、杉や松でできている部分は飴色に美しく変わってきているそうです。お風呂ももちろん自然素材を使って造られていますが、特に湯船は槙の木でできているのでいい香りがします。そして、テラスのドアを開けることで露天風呂のような趣も楽しめます。木のいい香りを吸い込みながら外の空気を感じることができる、そんな贅沢な時間がそこにはあります。

冬でも快適なお風呂

東中沢の家: 環境創作室杉が手掛けた浴室です。
環境創作室杉

東中沢の家

環境創作室杉

このお風呂は、壁の板を横貼りにしているところが新鮮です。その壁は洗面、脱衣所にまで伸びています。それ以外は白にまとめて外から入る光を受けてまぶしいくらいです。そして、暖房は床下から温める全館循環式暖房システムを取り入れていて冬場でも快適に過ごせることでしょう。

中庭のあるお風呂

お風呂の中に自然素材を使わなくても、こんなテラスがあったら思わず出てみたくなります。ドアを開けてテラスに出れば、光や風を感じることも、木の香りを思いっきり吸い込むことができます。掃除しやすいお風呂がいいという方でもこのような小さな中庭のあるデザインにすれば快適な空間が得られるだけでなく、換気の面から考えても機能的です。

写真:IDE Yasuro

小さな露天風呂

一つ楽しいお風呂デザインを紹介します。こちらのお宅はテラスに埋め込む形で小さい露天風呂を造ってしまいました。外で自然を近くに感じながら気持ち良い持間が過ごせれば露天風呂は大きくなくてもいいのではないでしょうか?

お湯の音が心地よいお風呂

こちらは石貼りのお風呂に木の湯船を設置しました。一段下げたところに排水を取り、湯船に身体を沈めたとき四方からお湯が溢れ出るようになっています。この溢れるときの音も快適なお風呂の為の重要な効果音です。そして、それほど大きくはないお風呂ですが、石の素材の重厚感があり落ち着いた空間を作っています。

木の香りがするお風呂デザイン、いかがでしたか?是非コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!