通り土間(改築): エヌ スケッチが手掛けた廊下 & 玄関です。

暮らしを豊かにする土間のアイデア15選

K.Yokoyama K.Yokoyama

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

伝統的な和風住宅には必ずといっていいほどある土間。モダンな住まいが多くなった今、その土間が形を変えてお洒落なスペースに生まれ変わり、新たな価値が生まれているのをご存知ですか?玄関、リビング、キッチン、ダイニング、書斎・・・。住まいの特徴や家族のライフスタイルによって、その取り入れ方やスタイルも様々。どこにどのように土間を設けるかで、毎日の生活の幅が広がっていきます。外と中との中間スペースとしての土間、作業場としての土間、人との交流スペースとしての土間など、様々なアイデアを集めました。あなたの暮らしを豊かにしてくれるお洒落で快適な土間をぜひ見つけてください!

1

土間キッチンとリビングをゆるやかに分けるカウンター: 株式会社 建築工房零が手掛けたキッチンです。
株式会社 建築工房零

土間キッチンとリビングをゆるやかに分けるカウンター

株式会社 建築工房零

こちらは株式会社 建築工房零によって手掛けられたプロジェクト「半規格型住宅ZEROBACO」です。キッチンを土間としており、玄関を介さずに外から直接靴のまま入って来られるようになっています。広い作業台の半分がキッチン、もう半分はリビングに向いているので、リビングにいる家族が手伝いをしやすい雰囲気があります。

2

秦野ハウス Hadano House: straight design labが手掛けたリビングです。
straight design lab

秦野ハウス Hadano House

straight design lab

こちらはSTRAIGHT DESIGN LABが手掛けたプロジェクト「秦野ハウス」。倉庫のようなシンプルで素朴な住まいには、ちょっとした玄関スペースはあるものの、ダイニングとキッチンがモルタル仕上げとなっておりカフェのような雰囲気が素敵です。

3

玄関 - Entrance: office.neno1365が手掛けた和室です。
office.neno1365

玄関 – Entrance

office.neno1365

こちらはOFFICE NENO1365が手掛けたプロジェクト「小渕沢の住宅」。広々とした玄関土間にはベンチが設けられており、ご近所さんが訪ねてきた時などの交流スペースとして利用出来ます。

4

豊田市 生駒町の家: 株式会社kotoriが手掛けたリビングです。
株式会社kotori

豊田市 生駒町の家

株式会社kotori

こちらは株式会社KOTORIが手掛けたプロジェクト「豊田市 生駒町の家」です。玄関からこのリビングに面した土間スペース、そしてテラスと連続して空間がつながっている作りです。暮らしの中で土間が自然に溶け込み、生活の動線の幅を広げてくれます。

撮影:萩原ヤスオ

5

こちらは石使いがお洒落な通り土間。玄関から庭へ心地いい風が通り抜けて行き、またご近所さんも立ち寄りやすいフレンドリーな雰囲気が魅力です。このプロジェクトは建築デザイン工房KOCOCHI空間によって手掛けられた「I‐HOUSE」です。

6

ドマのあるキッチン・ダイニング: 株式会社TERRAデザインが手掛けたリビングです。
株式会社TERRAデザイン

ドマのあるキッチン・ダイニング

株式会社TERRAデザイン

床の高さがリビングより少し低くなっている土間キッチンです。これにより、キッチンで作業している間もリビングにいる家族と目線の高さが近くなり、コミュニケーションが生まれやすくなりそうですね。このプロジェクト「太陽と風の家」は、株式会社TERRAデザインによって手掛けられました。

7

伊藤瑞貴建築設計事務所が手掛けた「おおいちょうのいえ」です。LDKと庭に面して長い土間があり、そこに薪ストーブを設置しています。吹き抜けの作りで、1階と2階をつなぐと共に、室内から屋外へと向かってゆるやかに連続する中間スペースとなっています。

8

通り土間(改築): エヌ スケッチが手掛けた廊下 & 玄関です。
エヌ スケッチ

通り土間(改築)

エヌ スケッチ

こちらはエヌスケッチによって手掛けられたプロジェクト「離れ座敷と土間のある暮らし」です。靴を履いたまま屋内を通り抜けられるように、廊下ではなく土間としています。暮らしの動線を考えて作られた上品な和の住まいですね。

9

アトリエのある小さな家: かんばら設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。
かんばら設計室

アトリエのある小さな家

かんばら設計室

こちらはかんばら設計室が手掛けたプロジェクト「アトリエのあるちいさな家」です。1階は仕事場、2階は住居スペースとなっている住まいをつなげる広々とした玄関ホール。窓辺で外の緑を眺めながら、のんびりと出来そうな雰囲気も素敵です。

10

広い通り土間は、趣味の作業場や雨の日のお子様の遊び場などに大いに活躍しそうです。このプロジェクト「Riganto」は、UNICO DESIGN一級建築士事務所によって手掛けられました。

撮影:624PHOTO村田雅彦

11

家族と空間をつなぐ通り土間: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた廊下 & 玄関です。
TERAJIMA ARCHITECTS

家族と空間をつなぐ通り土間

TERAJIMA ARCHITECTS

TERAJIMA ARCHITECTSの手掛けた「世帯をつなぐ通り土間のある家」です。この2世帯住宅に設けられた広い玄関土間は、庭へつながる通路であると同時に、親世帯と子世帯が顔を合わせる交流の場にもなっています。

12

こちらは株式会社 アポロ計画リノベエステイト事業部によって手掛けられたプロジェクト「大屋根の家」です。土間がライブラリースペースとなっており、お子様の勉強部屋や家族が集まって一緒に何かを行う多目的スペースとしてなど色々利用出来そうです。

13

土間を自転車置き場として利用しています。インテリアとしてもお洒落ですね。このプロジェクト「太田窪の家」は、(有)菰田建築設計事務所によって手掛けられました。

撮影:Ryota ATARASHI

14

古民家改修:通り土間のある家: m5_architecteが手掛けたダイニングです。
m5_architecte

古民家改修:通り土間のある家

m5_architecte

こちらはM5_ARCHITECTEによって手掛けられたプロジェクト「古民家改修:通り土間のある家」です。築100年ほどの古民家がリノベーションによって生まれ変わりました。趣のある庭の風景を取り込んだモダンな土間ダイニングです。

撮影:近藤泰岳

15

小田原 西湘 オーシャンビューの家: ミナトデザイン1級建築士事務所が手掛けたリビングです。
ミナトデザイン1級建築士事務所

小田原 西湘 オーシャンビューの家

ミナトデザイン1級建築士事務所

大きな開口のある土間リビングで、海を眺めながらのんびりできる家です。このプロジェクト「小田原 西湘 オーシャンビューの家」はミナトデザイン1級建築士事務所によって手掛けられました。

【土間については、こちらの記事でも紹介しています】

 知っておきたい!いま流行りの土間のメリット・デメリット  

※ 土間コンクリートでおしゃれな床に!そのメリット・デメリット  

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

  募集ページはこちら

現代の住まいに取り入れられている土間について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!