繋がりを生み出す家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

せっかく家を建てるのであれば、気持ち良く暮らせる家にしたいでしょう。家を建てたにも関わらず、家の中が暗かったり、狭く感じるのであれば、素晴らしい生活を送ることはできません。そこで紹介したいのは、気持ちの良い生活を送れる家。それは明るく開放感を楽しめるような気持ちの良い家になっています。

庭を抱え込む家

今回紹介する家を手がけたのは株式会社プラスディー設計室。敷地は鹿児島県の住宅地にあります。建てられたのは木造2階建ての家。それは少し特別な外観になっています。折れ曲がった平屋の角部分が2階建てとなっているもの。家は庭を抱え込むような形になっています。そのため家は庭を活かしたものになっています。

庭と家を繋ぐウッドデッキ

外側からの眺めで目立つのは印象的な外観ばかりではありません。家の外部に設けられたのはウッドデッキも目に付くでしょう。それは和室やリビングルームに面したところに設けられており、そこから気軽に外に出られるようになっています。もちろん気軽に庭に出られるため、それは庭と家を繋ぐ空間になります。そして生活に開放感を生み出すことになるでしょう。

風景を切り取る空間

ウッドデッキと家の間に設けられたのは大きなガラス窓。それは外からの光を多く取り込んでいます。そのため家の中で感じられるのは明るく暖かな雰囲気。またガラス窓越しに見えるのは外の眺めを見ることができます。そのため楽しめれるのは家の前に広がる庭の風景。それは生活で自然の存在を身近に感じさせて、生活に潤いをもたらすことになるでしょう。

空間の繋がりが生み出す家族の繋がり

平屋が折れ曲がる部分にあるのは2階建ての空間。そこには吹き抜けがあります。家の大部分は平屋となっているため、ここでは天井の高さが引き立ちます。このような吹抜けを中心に、壁で隔てられることなく、和室やダイニング、そしてキッチンが隣り合うように設けられています。そのため吹き抜けからは上の階の様子を、そして壁が無いことから他の部屋の様子を感じることができます。そして家族の繋がりを感じることができるでしょう。

それぞれの居場所

本住宅は空間の繋がりがあり、広がりを感じさせてくれます。ですが、そんな場所に自分の居場所を作ることができるようになっています。例えば、和室の横に設けれた小さなコーナー。畳の部屋は一段高くなっていますが、一部の床は一段低くなっているため正座で座る必要はありません。そんな気楽に座れる空間は子供たちにはぴったりの場所。また一段高い畳の空間をベンチのように気楽に腰が下ろせるようになっており、思い思いの自分の居場所を作れるようになっています。

家族が心地良く暮らせる家

このように本住宅にあるのはあるのは、家族にとって気持ちの良い空間。空間の繋がりが、家族の繋がりを生み出す一方で、自分の居場所を作ることができます。また明るく、広がりが感じられる空間で、心地良い暮らしを送ることができるでしょう。このような家では、家族の誰もがここでの暮らしを楽しむことができるに違いありません。

写真撮影:ブリッツスタジオ 石井紀久

家族の暮らしを楽しめる家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!