部屋を整理整頓するための方法と日頃の心掛け

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

家の中を整理整頓して部屋をきれいにしても、すぐにまた散らかってしまうといった経験をされている方も多いと思います。どうせまた散らかってしまうからといって、もうすでに部屋をきれいに整理整頓することをあきらめている方もいるかもしれません。そこで今回は、部屋をきれいに片付ける方法とその後も部屋が整理された状態を保つための日頃の心掛けのアイデアを紹介していきます。長く続けられるように、どれも簡単ですぐにできることですので、これを読んだら早速始めてみて下さい!

すべてに置き場所を決める

Enjoymeが手掛けたドレスルーム
Enjoyme

UMBRA хранение

Enjoyme

部屋を片づける時、とりあえず引き出しや押入れに詰め込んでいないでしょうか。一見部屋の中は物がなく整理されたように見えますが、それではその後すぐにまた散らかってしまうでしょう。まずは片付けの際、すべての物に収納する場所や置き場所を決めてあげて下さい。そして着たり使った後は、その決めた場所に戻しましょう。例え物が机の上にあっても、デコレーションのようにきれいに配置されていれば、全く散らかった印象を与えません。

思い出の品には箱をつくる

誰でも捨てられないような思い出の品は持っているかと思います。しかし年を重ねるごとに、家族が増えるごとに思い出の品も家にたくさん溜まってきて、部屋を整理できない1つの要因となってしまいます。そんな思い出の品には、そのための箱をつくって大事に仕舞っておきましょう。あるいは、きれいな箱を選んで部屋に飾り置いて、いつでもすぐに見られるようにしてもいいかもしれません。

収納場所を有効に使う

部屋が散らかってしまうのは、単純に部屋に物が多すぎるからかもしれません。もし部屋にめったに使わないようなものがあれば、それを押入れや納戸に仕舞ってしまいましょう。またその時に適当に収納場所に収めるのではなく、きちんと押入れや納戸も整理をして次回必要な時に必要なものがどこにあるかわかるように納めておきましょう。

要らないものは売る

物を買うことはみなさん毎日のようにしていると思いますが、家の物を捨てたり売ったりすることはあまりないのではないでしょうか。もちろんその結果、家には物が溜まっていくばかりです。部屋を整理整頓する際には、物が少ない方が断然簡単です。捨てるのは勿体ないと思う方もいるかと思いますので、売ったりするなど物を少なくする自分の方法を見つけてみて下さい。

チェックリストをつくる

部屋を整理整頓してもすぐに散らかってしまうという方は、チェックリストをつくってみてはどうでしょうか。部屋の整理の時には、仕舞っておく場所など色々とルールがあるはずです。それをチェックリストにして、週末など決まった周期できちんとチェックしていくと常に部屋をきれいに保っておくことが出来ます。その際に、こんなおしゃれなペン置きを使ってみてはいかがでしょうか。水のように透き通ったガラス製のこのプロダクトは、ガラス職人の手作りだそうで、きれいになった清潔感のある部屋にぴったりです。

写真:Kosho Tsuboi

自分にご褒美をあげる

整理整頓が好きな方は問題ありませんが、もちろん苦手な方もいるはずです。そういう方にとっては、部屋をきれいに保つために日頃から気を付けていくことは辛いかもしれません。そんな時は、自分にご褒美をあげてモチベーションを保つのがいいかもしれません。こちらはMUSHIMEGSNE BOOK.によるカラフルな作品です。ご褒美にこのようなかわいらしいものを自分にプレゼントしてみてはどうでしょうか。

部屋をきれいに保てられそうでしょうか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!