市川の家: 長浜信幸建築設計事務所が手掛けたダイニングです。

中庭を囲む家族の繋がりと、緑を眺める家

Kanako.K Kanako.K
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

人には異なる個性があると言いますよね。例えば強調性や社会性に内向性など。中でも社交性という人づきあいが上手な個性は自然と持ち合わせていればなぁ、なんて思う個性ではないでしょうか。いかがでしょう、意識せずともいつもニコニコしてる方が周りに居れば気持ちがいいですよね。今回ご紹介するのは社交性と内向性が仲良く同居する中庭を囲むコートハウス型の緑が眺められる住宅です。長浜信幸建築設計事務所が受けた要望は、緑を眺めながら静かに読書を楽しめるようなスペースと、一方で料理を趣味としているご主人は、友人を呼んで中庭でバーベキューを楽しみたいという両極端なものでした。しかし、一つ屋根の下にどちらの要望もスッキリと納めた住宅が完成しました。

キリッとした白い壁の外観

青空に気持ちよく映えるスッキリとした白く四角い本住宅の外観です。控えめの開口からは敢えて閉鎖的な表情としたデザイン。本住宅の敷地は郊外の静かな住宅街ですが、敷地の北側には保存緑地として青々とした雑木林があります。背面の木々と、シンプルな白い壁の住宅は、プライバシーをまもった趣です。

雑木林を取り込む開口

リビングに続くワークスペース。一面に大きな開口が広がるスペースは気持ちよく外の雑木林を楽しむことが出来ます。人の立ち入らないという雑木林は静けさの中に小動物の動きを感じ取ることが出来そうです。

家族の集まりやすいオープンなダイニング

リビングからステップフロアで繋ぐキッチン・ダイニングスペース。段差をもうける事によって生まれるのは、空間を繋ぎながらも分離できること、段の上がったフロア下には収納スペースが出来るというとっても助かるメリットが。段差によって家事をするお母さんの手元が見えたり、子供たちの存在を確認できたりと普段と異なる目線は気づかないで見落としてしまいそうなことに気づけるかもしれません。

キッチン脇の作業スペース

キッチン脇にあるちょっとした作業スペース。機能的に設けられた収納が嬉しい便利なスペースです。お茶を飲みながら家事に一息ついた時、明日の買い物や献立を考えたり出来る場所です。正面の壁面には各種の操作スイッチもまとめられ、消し忘れやコントロールが簡単です。こんなに整ったスペースで家事が出来るなんて素敵ですね。

賑わうリビングスペース

ダイニングからステップフロアを上がるとそこはL字型のソファがゆったりと構えるリビングです。L字型のソファに習うように背面には壁面棚が並びます。ここには沢山の本が収まり、まるでライブラリーのように、薪ストーブを囲みながらゆったりと本を読むことが出来ます。そして大開口の外には雑木林が臨める、安らぎの空間です。少し目線を上げれば二階の室とを繋ぐ室内開口が。顔をだす子供とコミュニケーションの増える楽しく明るい雰囲気です。

社交的なテラスを囲む家

料理が趣味というご主人の要望どうりに、友人を招いてバーベキューを振舞える広々テラス。家の中心でもあるこのテラスは家族みんなが家の至る所から望むことが出来ます。友人と集まって楽しむ青空の下でのバーベキューは笑い声や話題の尽きない空間。木のテラスからこぼれる日陰はゆったりと日の移ろいを感じる気持ちの良い場所です。

夕涼みしたいテラスのある浴室

大きな開口と隣接して並ぶ二階テラス。開放感のある浴室・洗面室は通風に採光がふんだんに取り込めつ快適な空間です。湯上りにそのままテラスに出ても気持ちよさそうですね。本住宅には時には賑わい、時には静寂の訪れる、静と動が切り替わる空間です。家族1人1人が思い思いに過ごせる快適で、気持ちの良い空間です。

【中庭については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 中庭の上手な使い方まとめ集   

※ 知っておきたい中庭の6つのポイント!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀   

募集ページはこちら

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!