見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

住空間の変化を楽しむ住宅「ROOF/M」

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

時として人生には将来を見据えた計画が必要になる時があると思います。それは常に考えるというわけではなく、何かを計画するときや、行動をふりかえったときなど、何かの節目で軌道確認のような。目の前にある事を集中して取り組むには何かしらの準備をしてから励みたいものです。新たに住宅を建てるとき、それはきっと将来に向けて活躍できる空間へ計画していきたいですよね。今回ご紹介するのは、周辺環境や住まう人の将来を見据えた柔軟な空間を持つ住宅です。EU建築設計によって、お施主さんの要望を丁寧にそして確実に住空間へと転換していきました。ある家族の今と将来のための変化を楽しむ住空間です。

ハードな質感と印象の外観

東側前面道路からみた本住宅外観。触ればザラザラっとしそうな外壁は、ガスバーナーで焼いた杉板で覆っています。 その質感からはどことなくアメリカの広大な荒野にポツンと建つ家の様にワイルドな雰囲気を感じます。壮年期の夫婦の要望の一つに「自分で出来ることは自分でやりたい」という事もあって、この外壁は建て主、設計者、施工者が力を合わせて約6,000枚の板を焼いたんだそう。人手として自分の力を注いでできた自邸は、より愛着の湧くものとなるはずです。

いずれ店舗になる入口

西側の道路に向かった本住宅。こちらにある入口アプローチは将来、美容院のファサードとなる入口です。入口横の開口は木製ルーバーに包まれ、やんわりと中の様子をうかがう事が出来ます。今はまだその存在はひっそりとしていますが、いずれお客さんが訪れるころ、活気にあふれる渋くてオシャレな店舗ファサードになりそうです。

将来を見据えた空間

予備室として設けられた空間です。もちろん、将来の美容室の店舗部分として活躍する場所です。タイル張りの床は少し個性的な空間に華やかさをプラスしてくれています。広々開く開口は気持ちよく通りを見通せ、来客にすぐに気付くことが出来そうです。

統一感のあるリビング・ダイニング

シンプルに、木板で統一された本住宅の内部空間です。むき出しともいえるこの仕上げは、それはまだ変化が出来るという余裕を感じます。それは完成のような未完成のような、傷や汚れも「味」となって空間に溶け込んでしまいそうです。変形した天井は南側からの気持ちの良い採光をしっかりと室内へと届けてくれます。植栽や革の椅子はその空間を演出するかのようにマッチしています。

ローコストのオリジナルキッチン

リビング・ダイニングに並んで設置されたのは、ラワン合板で制作したローコストでできたオリジナルキッチン。壁面からコンロ、流し、そしてダイニングテーブルと一連した動線のキッチンはかなり便利でスムーズです。キッチン天板から少し下がって接続するダイニングテーブルにはコンセントが据えられています。ちょっとしたことですが、こうしたちょっとした事が生活を快適にしてくれる重要なポイントだったりするんですね。ホットプレートやジューサー・ミキサーなど、食卓を賑やかにしてくれる道具の重要な電源です。また黒くシャープにスッと伸びた照明器具もオリジナルのもの。 そして、奥に見えるシックで目新しいデザインのシーリングファンはアメリカ製のもの。いずれのアイテムも空間を引き締めてくれる良いスパイスに。

広々したバルコニー

広々とした木目のバルコニー。ここにはハンモックもかけれるほどのゆとりがあります。このバルコニーからは広々と設けた駐車場も望めます。車が大好きというお施主さん。大好きな車を見届ける事の出来るバルコニーは嬉しいですよね。

屋上の眺望

本住宅の屋上からは大阪湾を望むことのできる眺望だそう。住宅街の中の屋上は商業ビルなどに阻まれることなく、気持ちよく遠方まで見通せます。フットワークは軽く、お気に入りのものを求めてはサクッと海外まで足を運んでしまうお施主さんご夫婦。新しい住まいはそんな二人の将来や計画を当たり前のようにサポートできる空間となりました。変化に対応できる住まい、住み手の生活が生き生きする住空間です。

将来を見据えた住宅はいかがでしたか?あなたのご意見を是非、お聞かせください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!