薪ストーブを中心に家族が集う「ライトハウス」

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

皆さんにとって住宅とはどんな存在でしょうか?快適な生活を営む場であることはもちろんですが、それ以上の想いや目指すものがきっとそれぞれの胸にあるはずです。「住宅とはそこで生活する日々の「記憶」を引き立てる器です。どんな料理も引き立て、毎日使っても飽きることなく、時には引き締まって見える。そんな器(住宅)を目指しています」と語るのは愛知県岡崎市に拠点を置き活動する建築設計事務所 住記屋です。今回は彼らが手掛けた住宅の中から「ライトハウス」を紹介します。

漆黒の外観

ゆとりのある敷地を生かした平屋建てで、深みのある漆黒の外壁が印象的な佇まいです。敷地前面に県道が通っているものの、その先には調整区域(市街化を抑制するため開発や建築が禁止されている地域)が広がっているため自然の多い良好な環境。そこで道路から最も離れた位置に庭を取り、その庭を囲い込むようなL字のプランとしました。豊かな実りをつけるみかんの木が、漆黒の外観と見事なコントラストを描いています。

家の中心は薪ストーブ

内部は、設計当初からクライアントが希望していた薪ストーブを中心にレイアウトされました。どこからでもストーブが見られるよう居心地の良いソファーコーナーや小さな書斎、ダイニング、キッチン… というように各スペースが配置されていきました。このように、”部屋”を基準にレイアウトを考えなければならないというルールはなく、住み手が一番欲しいもの、外せないものを中心とした家作りも可能なのです。

キッチン&ダイニング

内部はナチュラルな天然木を床や天井、家具にふんだんに使用した心地良いインテリアです。対面キッチンのダイニングテーブル側の一部をガラス窓付きの収納にすることで、お気に入りの食器コレクションや思い出のアイテムを飾ることができる小さなギャラリーコーナーとなっています。食卓を囲みながらのおしゃべりにも花が咲きそうですね。右側は庭に面した大きな開口部&ウッドテラス。いつも自然光が差し込む開放的で明るい室内空間です。

ゲスト用の和室

この住宅において和室はゲストが泊まるための空間として想定されているので、日常の空間とは切り離されたものになっています。ご覧のように究極にミニマルな設えで、空気までも違うような凛とした雰囲気が漂っています。

人気の小屋裏

和室がゲスト用であると先述しましたが、ゲストに人気があるというのは実はこちらの小屋裏。低く抑えられた傾斜のある大屋根と梁が特徴で、開放的な階下とは違った雰囲気です。しかしその天井の低さが包み込まれているという安心感につながり、リラックスできる時間をゲストに提供しているのでしょう。平屋建てでもこういったロフトのようなエクストラスペースを設置することは可能なので、身の回り品が多い方やゲストが宿泊することが多いという方にもおすすめ。また、こちらの住宅はテラスに設置された梯子で屋上へ上がることもできるという、たくさんの居場所を持った平屋建築なのです。

ライトハウスいかがでしたか?ぜひコメントを書いて下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!