丘の上の二世帯住宅: 時空遊園 JIKOOYOOEN ARCHITCTSが手掛けた家です。

伸びやかに暮らす丘の上の二世帯住宅

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

敷地は新しく開発された住宅地のはずれ、小高い丘の上にあります。クライアントは当初、一部が斜面になっていること細長い敷地に不安を持っていたそう。しかし担当した時空遊園はその土地の特性を最大限に生かし、眼前に広がる広々とした景観や区画された住宅用地にはない伸びやかさを持った二世帯住宅を完成させました。さっそく見ていきましょう。

神殿のような外観

青空と緑に映える白い壁、大きく取られた庇、ガラスの壁、シャープな直線… 丘の上に建つその様は、まるでモダンに生まれ変わった神殿のようです。木造ですが基礎の一部をオーバーハングさせて斜面から突き出したような形状になっています。

共有のエントランス

エントランスホールは共有で、親世帯と子世帯がそれぞれの玄関で左右に分かれます。細長い敷地形状を生かした、上下ではなく世帯を左右に分けた平屋の二世帯住宅です。平屋なので例え生活リズムが違っても、階下への足音など気を使い過ぎずのびのびと暮らすことができます。木製ルーバーで視線を遮りつつ、トップライトが配された明るさと半屋外の開放感を確保したエントランスです。

子世帯のリビングルーム

こちらは子世帯のリビングルーム。丘の上ならではの見晴らしの良さですね。平屋ですが、敷地の斜面を利用して段差がついています。玄関から長い廊下を通り抜け、天井の高い空間が現れると同時に視界が開けるというドラマティックな要素も。天井と軒がシームレスにつながったデザインでより開放感と広がりを感じますね。床と天井を木製に、さらに窓枠も木製にすることで優しさと温かみに溢れた空間になっています。

キッチン

カウンターのように見えるのはアイランドキッチンです。ダイニング側から手元が見えないように立ち上げることで、全体がすっきりと見えますね。ステンレス製のものが多いレンジフードですが、こちらは他の家具との一体感を重視して制作されたオリジナルです。木目が生かされた落ち着きのある空間によく馴染んでいますね。グレーのモザイクタイル張りにしたレンジ横の壁が空間の優しいアクセント。隣地との境界には敢えてフェンスなどを設けずに借景としているため、キッチン側の窓からも緑豊かな景色を楽しむことが出来ます。納戸に降りていく階段の横にライティングデスクを配して、ちょっとした物書きに便利なスペースに。

バスルーム&洗濯室

明るい水色のモザイクタイル張りのバスルーム&洗濯室は清潔で爽やかな雰囲気。トップライトからの日光がいつも明るく注ぐ空間です。ここにはバーが設置してあり、洗濯機から取り出した洗濯物をすぐに干せるという便利さも家族には嬉しい設備ですね。

世帯をつなぐ和室

エントランスホールの奥にあるのが和室。この和室はそれぞれの世帯からダイレクトにアクセスできるようになっており、二つの世帯をつなぐ役割を持っています。こうした中間地帯があることで、近過ぎず遠過ぎずといった適度な距離感を取りやすくなるのかもしれませんね。

【二世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ     

完全分離型の二世帯住宅を成功させるためのポイントまとめ     

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

丘の上の二世帯住宅いかがでしたか?ぜひコメントを書いて下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!