吉田の住宅: アトリエ環 建築設計事務所が手掛けたダイニングです。

ゆるやかに連続する内部と外部が心地いいモダンな平屋

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、ゆるやかに外部と内部がつながり居心地のいい雰囲気に包まれた平屋です。シンプルで素材やデザインにこだわったインテリアがとてもスタイリッシュな雰囲気で、室内でも屋外でも優雅な気分で過ごすことができる住宅となっています。洗練されたデザインやインテリアをした住まいに憧れている方や、モダンな平屋に興味がある方には、家作りの際に何か参考になるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは鹿児島県を拠点に活動しているアトリエ環 建築設計事務所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう。

撮影:三好芳昭

モダンな平屋

ロケーションは鹿児島県。周囲には畑も見られるという、ゆったりと広い敷地に建っている鉄筋コンクリート造の平屋の住まいとなっています。白いコンクリート板を重ね合わせたり立てたりしたかのような、水平や垂直が意識されたモダンなデザインは、シンプルながらもとても印象的な外観。清々しいホワイトが青空に良く映えていますね。

夜の庭とテラス

こちらは庭側から住まいをのぞんだ様子です。芝生が敷かれ広々とした庭と、LDKに面して石を敷いたお洒落なテラスが設けられているのが分かります。ライトアップによって建物の輪郭がくっきりと浮かび上がった姿や、光と影の作り出す景色も美しく、夜の時間も外の眺めを室内から楽しみながらリラックスして過ごせそうです。

テラスと一体化したLDK

こちらは室内の様子。リビングからテラスとダイニングキッチンをのぞんでいます。テラスに面して設けられた全面開口が、室内と外部空間につながりを生み出しており広々と感じられます。またテラスとLDKは、床の高さが段差なく作られているので、室内と屋外を生活の中で自由に行き来できる雰囲気もいいですね。シンボルツリーの眺めにも心が癒されます。テラスはLDKにコの字に囲まれるような作りとなっているので、開放的でありながらも落ち着いていてプライベート感も楽しめそうです。

リラックスできるリビング

こちらはリビングを中心とした様子です。オーディオやテレビ類の収納を仕切りとして、ゆるやかに空間を区切っています。しかし上部はオープンとなっているので、ハイサイドライトからの光も感じられ、明るく快適なリビングです。テラス側だけでなく、壁はガラスが使われている割合が多いので、実際の面積よりもさらに広がりが感じられゆったりとした雰囲気です。

モダンな和室

シンプルな畳が敷かれ、モダンな作りとなった和室です。引き戸を開けるとデッキテラスが設置されており、趣のある縁側の雰囲気も味わうことが出来ます。畳の空間はそこにいるだけで心が癒されるので、モダンな住宅が多くなった今日でもやはり必要な部屋であると分かります。お客様が来た時はゲストルームとしても利用出来るので、とても便利です。

明るいバスルーム

こちらはバスルームの様子です。シンプルで清潔感のある作りとなっており、壁や床に質感の美しい石が使われていることにより上品な雰囲気です。大きな窓を設けていることで、バスルーム全体に自然光の明るさが感じられ、まるで屋外で入浴しているかのような快適でリラックスしたバスタイムが過ごせそうですね。

開放感があるモダンな平屋について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!