住まい手の個性を住宅に表現した北欧カラーの家

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

住宅を建築する際に、自分たちの個性をどうやって取り入れるかを悩むこともあるのではないでしょうか。ライフスタイル、色合い、素材、空間作りなど、選ぶものひとつひとつによって非常に多様な表現ができることが住宅の魅力であり難しさでもあります。今回ご紹介するのは、空間の関係や機能、意匠的なものを含め、この家に存在する全てに住まい手の個性を存在させたユニークな住宅です。ダトリエ一級建築士事務所 LLCが手がけたこの家は、住まい手の思いと個性を汲み取り、住宅として丁寧に表現をしたこと特別な空間が存在しています。

台形の形をした個性的な外観

正面は台形の中に正方形の窓と長方形のファサードからなるシンプルでモダンな外観です。玄関周辺はコの字型で覆われていることにより、日が落ちて明かりを灯すと長方形が照らされ、上部の窓から漏れる明かりと合わせて独特の存在感を放つ雰囲気を醸し出します。住宅の全貌は角度を変えて見てみると、正面の台形を構成している壁面は大きく後傾しており、壁のような、屋根のような、不思議さを感じるような外観として多くの人の目を引くことでしょう。

個性のあるカラーが彩るLDK

LDK全体は間仕切りを持たず、全体が一つのフロアとして広々と空間が広がっています。しかしながら、その中にキッチン、ダイニング、書斎スペースと用途で別れたまとまりのある空間の役割を感じることが可能です。全体をホワイトの淡い塗装がされたフローリングの中に、濃淡のあるブルーやオレンジ、レッド、ブラック、とたくさんの色が使われていることも見てとることができるでしょう。たくさんの色がありながらも、混在した印象を与えないのはこの色が空間を調整する役割を上手に担っているためだと言えます。まるで水槽の中を泳ぐ熱帯魚のような自由さを感じる空間に、住まい手の個性がそこかしこに宿されています。

浮遊感のある鉄骨階段

ひときわ存在感のあるこの階段は、浮遊した踏板を支えるように鉄骨が設けられていて、鉄骨階段にあるような強さを感じさせることがありません。フローリングと同じカラーの踏板にあくまでも寄り添うような構造とすることで、インパクトがありながらも主張をしすぎない繊細さを感じることができます。背面の壁面にあしらわれたブルーグレーのカラーは空間に奥行きを感じさせ、この個性的な階段をより引き立てる効果が得られています。

どっしりと存在感のあるアイランドキッチン

木製とアイアンのフレームによって作られたキッチンは、天板がフラットなアイランド形式を採用しています。火元側に立ち上がっている壁面には個性的で優美な柄のタイルが施され、メンテナンスのしやすさと空間を彩る役割を担っています。大きなシンクやダストボックスが収納できるようなオリジナルの設計など、個性を尊重することと使い勝手の良さが考慮された素晴らしいスペースになっています。

光によって演出される室内空間

大きな窓が全面に設けられていることで、この室内にはいつも明るい光が溢れ、この個性的な空間は居心地の良さを感じることができるでしょう。ブルーカラーのグラデーションやブラック、ホワイトの色合いはどこか北欧インテリアにみられるような爽やかさのある空気を感じさせ、また凜とした日本らしさにも共通するところがあり、我々日本人の感性に合った心地よさを感じ取ることができます。天井からぶら下がる円形の個性的な照明は、ペンダントライトにありがちな存在感を残さない薄さでさりげなく意匠的なスパイスを加えています。

北欧インテリアや北欧的なカラーの住宅に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!