ムギカライエ: 緒方幸樹建築設計事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。

狭小地を最大限に生かしたモダンなスタジオ付き住宅

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

敷地が限られた都市の中では、家自体が建物に挟まれてしまうような環境におかれてしまうことも珍しくありません。隣家と間近に迫る距離を感じさせず、どのようにプライバシーを確保できるか、閉塞感を感じないようにするかが快適に暮らすための課題となるでしょう。今回ご紹介するのは、採光を上手に取り入れながらも道からの視線をカットし、表からは見えない開放感のある暮らしが実現された狭小地にあるスタジオ付き住宅です。都市型住宅を得意とする、緒方幸樹建築設計事務所が手掛けました。

モダンで温かな印象を与える外観

無垢材がふんだんにあしらわれ、柔らかなぬくもりを感じる外観。使用されているレッドシダーは、直線的な木目がシャープな印象を与え、また板によって異なる赤みが変化を与えつつ空間を彩ることのできる素材です。節や継ぎ目のない直線的な木材を縦横に方向を変えながら採用し、モダンであたたかな雰囲気を残す仕上がりとなっています。

明るい光が降り注ぐ広々とした玄関

玄関を開けると、建物に挟まれているとは感じにくいほどの明るい光と開放感を感じることができる空間が広がっています。外観同様に無垢材がふんだんに採用され、シンプルなカウンターにこじんまりと控えめな手洗いが設けられています。木材は直線的な印象を、土間はモルタル、飾りのない真っ白な壁面と黒い手洗いがスパイスとなり、温かな雰囲気を感じながらとても現代的でモダンな演出がなされている玄関にまとまっています。

コンパクトな空間に叶えられたプライベートリビング

階段を上ると、天井の高い広々としたLDKが広がります。リビングからは外部へつながる大きな開口が設けられ、その外側にはデッキがつながります。まるで空間が一体となった印象を与え、想像以上に開放的で明るい光の溢れるLDKとなっています。床材にはコルク材が採用され、足音を吸収し冬場であっても温かさを感じながら快適に過ごすことのできる配慮がなされています。内装はホワイトとミディアムブラウンでまとめられ、明るいながらも落ち着いた雰囲気を感じるインテリアとなっています。

圧迫感を与えず家を巡りやすい階段

この家の住みやすさのひとつに、こちらの階段が挙げられます。木製でシースルーとなっているこの階段は、室内に圧迫感を与えず、上部からの明るい光を階下まで届けることのできる役割を果たします。そして、対面から上り下りができる動線となっており、ぐるりと回りこまなくても容易に家の中を巡りやすいような工夫が仕掛けられています。狭小住宅の動線の悩みをこのようなユニークな方法で解決したアイデアの数々には驚くばかりです。

建物をさらに有効利用しているロフトスペース

LDKからは階段を上ると、屋根の傾斜を利用しながらスペースを最大限に利用したロフトスペースへ出ることができます。上から見てもご覧の通り明るい光が差し込む広々としたLDKですが、吹き抜けとこのロフトがあることでさらに暮らし方のバリエーションも広がることとなります。狭小住宅では収納スペースに悩むことも多くありますが、壁面いっぱいのたっぷりとした収納ですっきりとした生活を送って行けることでしょう。

光を取り入れるための仕掛け

この家を俯瞰から見てみると、両隣にほぼ距離のない位置で建物に挟まれているのがわかります。正面はすぐに道があるため、どのように明るい光とプライバシーを確保するかが鍵となります。屋根を見ると、プライベートバルコニーの上空は開口になっており、そこから範囲を広げるようにして透明な素材の屋根が続きます。こうして天からの採光をめいっぱい利用し、室内に快適な光を届けることができるような工夫が施されています。

狭小地を生かした住宅に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!