吹抜けのある開放感たっぷりのリビングで、家族がつながる明るい住まい: 株式会社スタイル工房が手掛けたです。

吹き抜けが家族をつなぐモダンな鉄骨住宅

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家族が共に住まう空間として、住宅を計画する際にはどのようにお互いのつながりを設けるかを考えることもあるかと思います。家族の望む形によって全てオープンなスペースとするのも、また個室で仕切ってしまうのも、どちらの形も現代の住宅には存在します。今回ご紹介する住宅はその合間をとり、空間の役割を分けながらもそれぞれの時間を過ごすスペースを、吹き抜けを中心にゆるやかにつなげています。株式会社 PLUS UM / PLUS UM INC.が手がけたこの家は、お互いがいつも気配を感じつつ独立した時間を持てる、ワンルームのような形を実現しました。

落ち着いたブラックカラーのモダンな外観

大阪の閑静な住宅地に建つこの家は、外から見るとちょっと変形しているような姿が印象的な外観です。ガレージがあり、直線的ながらも特徴的な形をしているためにとても大きなボリュームを感じます。しかしコンクリートの塀をぐるりと取り囲むのではなく、高さや幅を工夫して視線の抜けを作っていることで圧迫感を感じることがありません。このような2面道路に面している敷地の場合は、どうプライベートを確保するかが課題となります。

3階までの吹き抜けが開放感を生むリビング

室内は、吹き抜けのあるリビングを中心に3階建てとなっています。インパクトのある広々とした吹き抜けは1階から3階まで貫き、上からの光が下まで届く明るい空間です。この吹き抜けを通してそれぞれの階がつながりを持つことができ、いつもお互いの気配を感じながらこの家で過ごす時間を共にできることでしょう。どこの部屋に行くにもこの階段を利用することになるため、朝起きたとき、外出するとき、帰ってきたとき、自然と顔を合わせ挨拶をする習慣が生まれます。ライフスタイルの時間帯が家族それぞれ違うことがあっても、気配を感じることができるというのは忙しく毎日を過ごす現代の家族において必要な姿であるといえるでしょう。

機能性と快適さを備えたキッチン

キッチンはアイランド型が採用され、左右どちらからもアクセスがしやすい動線となっています。背面のたっぷりとした収納に加え、見えにくい位置にパントリーもあるためかなり使い勝手の良い空間となっています。正面にはダイニングテーブルのあるダイニングがありますが、その隣には小上がりの和室があるため、たくさんのゲストを招いても和室とテーブルで同じ空間の中食事を囲むことも可能です。全体的にはホワイトを基調としたシンプルな内装ですが、こちらでは天井に板貼と間接照明がレストランのような雰囲気を感じるようなモダンで落ち着いた空間となっています。

リビングとつながる多目的スペース

2階部分は多目的に使える広々としたスペースが広がっています。吹き抜けに面してカウンターが設けられ、ちょっとした作業や、勉強ができるデスクとして使うことが可能です。シースルーの手すりの透け感を損なわないよう設置され、1階側から見ても視線が遮断されることのないような工夫を感じることができます。広い空間にあえて吹き抜け側にこうしたカウンターが設けられているのは、この広い家で少しでも家族が近くいられるようにとの思いが込められているためでしょう。

気持ちの良い空が広がるプライベートバルコニー

屋上へ登ると、広々とした青空を仰ぐことができるバルコニーが広がっています。周囲は外壁の立ち上がりによって近隣の視線を感じることがなく、この家族のための完全にプライベートな空間となっています。隣には中庭を覗くこともでき、屋上にいながらもリビングや2階ともつながりが持てるという設計がされています。晴れて気持ちの良い日にはここへ椅子やテーブルを出してくつろぐこともできるでしょう。床はタイルが採用され、雨にさらされる機会が多くてもよりメンテナンスがしやすいことも住まい手の負担が軽くなり快適に過ごすことができます。

吹き抜けや屋上バルコニーのある住宅に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!