見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

空中テラスが魅力的!狭小敷地に建つ2世帯住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回は、狭小敷地に建つ2世帯住宅をご紹介します。手掛けたのは、埼玉県を拠点に活動する遠藤浩建築設計事務所です。狭い敷地のため、2階に庭代わりの広いテラスを設けるなど、随所に工夫の見られるユニークな住まいとなっています。この空に浮かぶような空中テラスが特徴的な2世帯住宅、一体どんな様子なのでしょうか?さっそく見て行きましょう!

飛び出したテラスが印象的な外観

こちらは道路に面した南側の住宅の様子です。狭小敷地にあるこの住まいは、1階は親世帯LDK、2階は子世帯LDK、3階は書斎と子供部屋があるという2世帯が住む住宅構成となっています。木のルーバーで囲われた2階のテラスが、飛び出すかのように設けられているという個性的な外観をしていますね。赤い玄関の扉もデザインのアクセントとなってお洒落で個性的な印象です。

庭代わりの空中テラス

2階の広々としたテラスの様子。1階は駐車用のカーポートとして利用するため、2階に広いテラスを設けることで、庭の代わりとして機能するように計画しました。狭小敷地のための工夫された住宅プランと言うことが分かります。テラスの床は、強度のある網状になったエキスパンドメタルを使用し、1階までも光と風が通るようになっています。休日にはこの空に浮かぶテラスで、家族みんなが集まってバーベキューやホームパーティーをしても楽しそうですね。

テラスとつながる子世帯リビング

2階にある子世帯のリビングルームです。窓を開けると広い空中テラスが広がって、狭小敷地でも開放感を感じることができる部屋となっています。テラスのリビングに面している部分はウッドデッキとなっており、リビングとつながったかのような印象があります。手すりの木製ルーバーとも統一感があって、デザイン的にもお洒落です。

お洒落なカウンターがある子世帯キッチン

こちらは、2階にある子世帯のキッチンの様子です。キッチンの目隠しにもなっているカウンターテーブルは、天然木のぬくもりを感じる無垢の木を使用。料理の作業や食事をサーブする配膳台としてはもちろんのこと、軽食やお茶を楽しむためのちょっとしたテーブルとしても使うことが出来ます。フローリングの木の色が優しい、全体的にコンパクトに収まった印象のシンプルなキッチンスペースとなっています。奥には和室も見えます。

収納がたっぷりある親世帯LDK

こちらは1階にある2間続きの親世帯LDKの様子です。仕切りとしての木製建具は天井まで延ばされています。ここを開けることで空間としてつながり、部屋に広さと一体感を持たせています。壁一面に取り付けられた木の収納棚は押入れ、クローゼット、仏壇置場となっているそうですが、閉めることで一つの壁の様に部屋がスッキリとした印象になっていますね。

明るい3階の子供部屋

3階の子供部屋の様子。1つの大きな部屋が、可動間仕切りによって2部屋に区切られているそうです。2面に窓が配置された明るい雰囲気の作りで、道路側にはバルコニーも設けられています。バルコニーは囲われた作りとなっていますが、小さな四角形の開口があることで、閉鎖的な空間になることを避けています。プライバシーもきちんと守ることが出来る上に、デザイン的にもお洒落です。この子供部屋なら、子供たちも遊びや勉強にと、のびのびと過ごせそう。狭小敷地にもかかわらず空間を上手に使ったこの2世帯住宅で、家族みんなが快適に過ごすことが出来ているようです。

【二世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ      

完全分離型の二世帯住宅を成功させるためのポイントまとめ      

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

空中テラスが素敵な狭小敷地に建つ2世帯住宅について、いかがでしたか? コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!