和室: 有限会社 TEAMWORKSが手掛けた和室です。

ふすまも部屋のデコレーション!

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

ふすまは、和室の空間を構成する大切な要素のひとつです。空間の大きな面積を占めるため、襖紙の選び方によってお部屋の印象をさまざまに変化させることが可能になりますが、意外にシンプルで無難な柄のものを選ぶことが多いのではないでしょうか。ふすまもお部屋を飾るデコレーションとなりえるもの。ちょっと冒険してみませんか?今回は、いろんなテイストの和空間をご紹介します。襖紙のデザインによって変化する印象をご覧ください。

ふすまの柄の選び方

ふすまは、部屋や廊下などを区切る建具。間取りによっては、襖と障子が壁面のほとんどを占めるようなこともあります。シンプルでミニマルな和室の空間だからこそ、襖の柄には心を配りたいもの。洋間で壁紙を取り入れるのと同じ要領で、襖紙にも色や柄に変化を加えると、オリジナリティあふれる空間が出来上がります。和室では、畳や壁の色が落ち着いた色調でまとめられることが多いため、ふすまには、洋間で取り入れられないような濃い和の色調を使うことも可能です。

Photo: 芥子富吉

和モダンに

こちらは京都の建築家・有限会社Teamworksの手がけた京都の町屋を思わせるお宅です。空間の構造は、伝統的な和テイストが濃いですが、畳にフチなしの物を取り入れたり、襖に海老茶と濃紺の市松模様を取り入れたりと、どこか大胆な和モダン風の空間に仕上がっています。濃い茶色を壁面に持ってくると、暗くなるように思いますが、中庭に面した壁面に透過性の高い障子を取り入れていることによって、空間全体が明るくなり、ふすまとちょうどよいコントラストを成しています。

ブリティッシュジャパニーズ!

ウィリアムモリスの壁紙のふすま: hyouguyahirokiが手掛けた窓&ドアです。
hyouguyahiroki

ウィリアムモリスの壁紙のふすま

hyouguyahiroki

前述のとおり、ふすまは壁紙のようなもの。空間の印象を左右することのできる建具です。開け放つと半分しか柄が見えなくなるため、ふすまの開け方によっても空間の印象を変化させることができます。こちらのお宅の四面のふすまには、ウィリアム・モリスがデザインした壁紙が貼られています。まさに、ヴィクトリア朝デザインと和の融合です。細かな花鳥柄が、不思議と隣接するフローリングとマッチして、とても個性的な空間となっていますね。

伝統意匠でしっとり

古くはふすまに墨で絵を描かせたりすることもありましたが、さすがに今日ではそれは難しいですよね。純和風の空間を作りたいのであれば、ふすまにも伝統的な意匠を取り入れるとしっくりとくるはず。こちらのお宅では白木でできた空間に、壁を黒にすることで鮮やかなコントラストを付けています。こちらのふすまでは、黒地に桐の紋様があしらわれた京唐紙が用いられています。空間の色調を揃えることで、シックで落ち着いた印象に仕上がります。

和風とモダンの間

小ぢんまりとした形状のふすまであれば、インパクトのある柄を取り入れて、空間のアクセントとするのも素敵な方法です。こちらのお宅は、京都のお寺のそばに建つ物件。あちこちに京町屋のアイデアや特徴を取り入れながらも、モダンで過ごしやすい空間を実現しています。こちらは部屋の一角にある襖。白地に赤と青のスクエアが絡み合うポップな襖紙です。どこか和のテイストも感じられるモダンな設えが、白い壁と白木の空間にしっくりと馴染みます。

Photo: Kei Sugino

ポップな和モダン?!

最近の新築物件では、和室が少なくなってきているといいますが、それでも一部屋は和空間を残すお宅も多いようです。こちらのお宅でも、一部屋はタタミスペースとして小ぢんまりとした空間が作られています。和室ながらも、他の部屋と調和するように、襖紙に別室と同じデザインの壁紙が使われています。こちらでは、白地に金のハチの柄。シンプルだけれどどこかポップでモダンな、イマドキの和室。かわいらしい和モダン空間です。

大胆なアレンジ、チャレンジしてみたいですね。ご意見ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!