壁掛けデコレーションで室内におしゃれな風景を作ろう!

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

インテリアをもう少しにぎやかにおしゃれにしたい時や部屋の雰囲気を変えたい時は、壁の模様替えをしたり壁に掛けるようなデコレーションも、手軽でバリエーション豊かに自分の部屋の家具やプランに合った飾り方がしやすいでしょう。そこで今回は、壁掛けデコレーションで室内に1つの絵画のキャンパスのようなおしゃれな風景をつくるアイデアを紹介していきます。壁掛けデコレーションはとてもフレキシブルなので、きっとあなたの部屋にぴったりな風景がつくれるはずです!

壁掛け収納

TAPE SHELF: 3xが手掛けた壁&床です。
3x

TAPE SHELF

3x
3x
3x

デコレーションに何か機能が付いていたら嬉しいですし、それ自体もよりおしゃれに見えてきます。こちらの3X(サンカケル)が手掛けたものは、ポスターのように本を壁面に飾ることが出来るブックシェルフです。本の四隅をシンプルな固定具で止めるだけなので、とても簡単ですし壁の自由な所に本を飾り置いておくことが出来ます。お気に入りの本の表表紙を見せながら収納できるとてもおしゃれで機能的なプロダクトです。

モダンな絵画

CUSTOMS handmadeが手掛けた壁
CUSTOMS handmade

Espacios decorados by Wallart

CUSTOMS handmade

絵画を自分の家の壁に掛けるには部屋の雰囲気が合わなかったり、絵画は高すぎると思われているかもしれません。しかし、絵画でもモダンなものやポップなものなら、意外にもどのお宅にもマッチするのではないでしょうか。どんな絵画かも大事ですが、それをおさめる額縁もとても重要になります。こちらのように、壁の大きさや絵画の大きさに合った額縁をきちんと選びましょう。

お気に入りのもの

家の中には自分のお気に入りの品があちこちに置いてあったり、引き出しの中に眠ってはないでしょうか。そのお気に入りのものを壁掛けデコレーションとして飾ってみると、部屋を自分の色に染めることが出来ますし、いつでもそのお気に入りの品を眺めることが出来ます。その時に気を付けなければいけないのは、うまく壁に配置してあげることです。場合によっては、ごちゃごちゃとして見栄えが良くないことがありますので、きちんと考えて配置をしていきましょう。

壁に鏡を掛けることは自分の身なりをチェックできることはもちろんですが、部屋を大きく見せたり明るくしてくれる効果もあります。鏡の大きさや額縁付きのものも様々あるので、他の家具や壁の大きさや部屋の雰囲気に合ったものを選びましょう。また四角い鏡だけではなく、こちらのような特徴的な形をした鏡もあるので、部屋にアクセントが欲しい時はこのような独特な形の鏡を選んでみてもいいかもしれません。

緑の壁

土間でサンマの焼ける家: ユミラ建築設計室が手掛けた壁です。
ユミラ建築設計室

土間でサンマの焼ける家

ユミラ建築設計室

観葉植物を壁に沿って垂直に置いていき、緑の風景をつくってみるのも1つの方法です。こちらは、ユミラ建築設計室が手掛けた住宅の隣の家との間にある、視線を遮るための緑のスクリーンです。このように格子状に木を組んで、そこに観葉植物を置いていけば、スペースをたくさん取ることなく生きた緑の風景の壁をつくることができます。季節に合わせて植物を変えていけば、住まいの雰囲気をシーズンに合わせることもできますね。

壁紙のパターン

アトリエは築88年のレトロビル: ATELIER ENSEMBLEが手掛けた壁&床です。
ATELIER ENSEMBLE

アトリエは築88年のレトロビル

ATELIER ENSEMBLE

壁掛けデコレーションのために壁に穴を開けたくなかったり、すでに穴が開きすぎていて新しく壁紙を張り替えたい方もいると思います。その時に、シンプルで楽な白の壁紙を選ぶのもいいですが、模様付きのきれいな壁紙を選ぶと部屋に1つのおしゃれな風景をつくることができます。ATELIER ENSEMBLEが手掛けた昭和2年に建てられたビルのリノベーションには、このような白黒のシックな花柄の壁紙が使われています。この建物のレトロな雰囲気にとても合う、上品で大人な空間を演出してくれています。

自分らしい風景を是非つくってみて下さい!コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!