天窓を取り付ける前に知っておきたい基礎知識 | homify Japan

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

天窓を取り付ける前に知っておきたい基礎知識

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
CATO creativeが手掛けたリビング
Loading admin actions …

天窓は隣家に囲まれた住まいでも家の中に十分な光を取り込めるため、室内を明るくする手段として設置を検討している方も多いと思います。それは1つの窓の種類と言えますが、壁にある一般的な窓と違い、屋根に設置されるタイプであることから設置や選ぶ際の考え方も異なってきます。そこで今回は、天窓を取り付ける前に知っておきたい基礎知識を紹介していきたいと思います。

天窓の魅力とは

天窓の設置を考えている方の多くは、その優れた採光性を期待していると思います。もちろん日中を通して常に太陽の光を室内に取り込んでくれることはその一番の魅力ですが、その他にも壁にある通常の窓と同様に、家の通気性を向上してくれること、また大きな天窓では空を眺められる素敵な眺望も魅力となります。また、屋根に設置されることから、トップライトを開けていても泥棒に侵入される心配もない防犯性も兼ね備えています。

写真:母倉知樹

開閉するタイプ

Briand Renault Architectesが手掛けた家
Briand Renault Architectes

Façade Ouest, avec verrière sur le jardin d'hiver

Briand Renault Architectes

開閉するタイプの天窓で採光性に加えて室内の通気性も良くしようと考えている方も多いと思いますが、それには手動で開閉するものと電動で開閉するものがあります。電動式であれば、吹き抜けなどの高い場所に設置する際でも開け閉めを簡単にしてくれるでしょう。ただ、開閉するタイプの場合、閉め忘れなどで雨が室内に入ってきたり、雨漏りの可能性も比較的高くなってしまうことを把握しておきましょう。

開閉しないタイプ

ギャラリースペース夜景内観: 久保田英之建築研究所が手掛けたリビングです。
久保田英之建築研究所

ギャラリースペース夜景内観

久保田英之建築研究所

天窓には開閉しないタイプもあります。当然、通気ができないため、採光重視の住まいにおすすめです。開閉しないことにより、雨漏りの心配がほとんどなくなりますし、さらには開閉式に比べて窓枠がすっきりとすることで、開口部をきれいに大きくガラスで覆うことができ、より室内を明るく、さらにはこちらの久保田英之建築研究所が手掛けた住まいのように、空をよりきれいに切り取って素敵な空の景色を住まいに取り込むことができます。

遮熱対策

Creatives Wohnenが手掛けた窓&ドア
Creatives Wohnen

Verdunklungsrollos Teba R23 1109 braun

Creatives Wohnen

採光に優れているということは直射日光が室内に差し込んでくることにもなります。そのため、天窓には遮熱対策をしてあげることが重要となります。特に日差しの強い夏場は、直射日光が室内に入り込んできて室内が暖められてしまうため、冷房の効率性も低下してしまいます。窓ガラスを遮熱性能の高いものにしたり、ブラインドを設置するなどの対策を積極的に行っていきましょう。ブラインドにも様々な種類がありますので、トップライトの設置場所や使い方によってブラインドのタイプにもこだわってみて下さい。

天窓の効果的な設置場所

AtelierSUNが手掛けた書斎
AtelierSUN

Library besides Courtyard

AtelierSUN

設置場所によっては、1つの天窓で効果的に住まいを明るくすることもできます。吹き抜けのある部屋であれば、トップライトは非常に効果的になりますし、階段室やスキップフロアの上部に設置すれば、住まい全体を明るくすることも可能となるでしょう。室内の状況だけでなく、南側あるいは北側の屋根に設置するだけでも採光性や通気性は異なりますが,方角や風向きは周囲の建物の建てられ方や地域性によっても異なりますので、建築家としっかりと相談しながら設置場所も決めていきましょう。

メンテナンスについて

CATO creativeが手掛けたリビング
CATO creative

Family Living

CATO creative

トップライトは屋根に穴を開けて取り付けられることから、どうしても雨漏りの心配がでてきます。その雨漏りに気付かなかったり、放っておいてしまうと、天窓の周囲だけでなく、屋根さらには建物の躯体も損ねてしまうことにもつながりかねません。定期的なチェックやメンテナンスも忘れずに行っていきましょう。屋根を陸屋根にすることで、そのチェックや掃除などのメンテナンスを自分でできるようにしてみてもいいかもしれません。屋根の形については、「屋根の種類まとめ」も参考にしてみて下さい。

FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!