抜けのある家: 株式会社CAPDが手掛けた家です。

オブジェのようなファサード5選 – 家とは思えない個性!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

ファサードは家の印象を決める顔の一つ。個性のある家を見かけると、街角のシンボル的な存在となり、そこから新たな街の風景が生まれます。今回ご紹介するのは、まるでオブジェのようなファサード5選です。住宅なのに住宅とは思えないフォルムと存在感は一目見て忘れられなくなるに違いありません。まるでアート作品や美術館のような佇まいの素敵な美しい家をご紹介します!

1.丘に佇む未来的なBOX

門一級建築士事務所の手がけたこちらの家は沖縄県にあり、傾斜した丘の上に建ちます。高低差のある敷地に印象的な傾斜をつけ、上段からはみ出すように住宅が配置されています。開口のないボックスが横たわるように佇む姿、浮遊した部分に陰影ができまるで彫刻のようた雰囲気がアート作品のような独特な存在感を放ちます。ファサードのデザイン性だけでなく、沖縄の厳しい気候でも過ごしやすいような屋根の形状、そして雨戸が設けられました。内部は南間口に大きな窓が並んでいることもあり、閉塞感は全く感じられない開放的な空間が広がっています。本住宅については「彫刻のようなフォルムの家」で詳細をご紹介しています。

2.大きな屋根と水盤が美しい家

広がる水盤を持ち、重厚な片流れ屋根を持つこちらの家は、森裕建築設計事務所 / MORI ARCHITECT OFFICEによるデザインです。コンクリートやタイル、ガラスといったクールな素材を使い、モダンな雰囲気をまとった家は、遠くから見てもひときわ存在感を放ちます。直線のフォルムや、シンプルな面にガラスを通して差し込む自然光が影のあるグラデーションを作り、内部の空間をより神秘的に見せるディテールが美しくまとまっています。夜は室内のライトアップが軒裏を兼ねた天井を照らし、ふわりと漏れる灯りによって一層幻想的な空間を実現しています。本住宅については「静寂が広がるタイムレスな住まい」で詳細をご紹介しています。

3.大海原を泳ぐ鯨のような佇まいの家

抜けのある家: 株式会社CAPDが手掛けた家です。
株式会社CAPD

抜けのある家

株式会社CAPD

株式会社CAPDの手がけたこちらの住まいは、大分県の海を臨む場所に建ちます。堤防のある眼前の海原の景色を室内からも眺められるように生かすため、LDKに面するフロアレベルを上げてデザインされました。まるで宙に浮いたようなファサードはすべてコンクリートで仕上げられ、海原に向かう鯨のような姿が印象的です。内部も同じようにコンクリートが基調のインテリアでまとめられ、周囲の環境に全神経を注げるような空間はまるで日々の喧騒を洗い流してくれるかのようです。本住宅については「海好きにはたまらない!水平線の見える家」で詳細をご紹介しています。

4.白い箱が印象的な美術館のような家

The House supplies a monotonous street with a passing view: Kenji Yanagawa Architect and Associatesが手掛けた家です。
Kenji Yanagawa Architect and Associates

The House supplies a monotonous street with a passing view

Kenji Yanagawa Architect and Associates

宙に浮いた大きな白い箱が特徴のこちらの家は、KENJI YANAGAWA ARCHITECT AND ASSOCIATESによって手がけられました。「住宅街の中に抜けを創り出し、街並みに開放感を与える」コンセプトでデザインされました。密集する住宅街の中ではどうしても閉塞感が生まれてしまいますが、ピロティを作り、住宅部分を一部浮かせることでボリュームがありながらも軽やかな印象を与えています。シンプルな白いファサードは、ライトアップを美しく演出し、街並みの中でもひときわ印象的でモダンな佇まいをしています。ピロティ部分は駐車スペースのほか、屋根のある広場や庭の一部として、暮らし豊かに使えるスペースです。本住宅については「単調を断ち切る!住宅街に生まれた新しい視点の家」で詳細をご紹介しています。

5.まるで宇宙船のような家「SHELL」

森の中にある、まるで宇宙船を思わせるような楕円のコンクリートの建物。こちらの住まいはARTECHNIC ARCHITECTS / アールテクニックが手がけた家です。別荘や週末住宅として計画された住まいですが、自然豊かな環境は景色や空気は綺麗でも、季節により厳しい環境にさらされることもあります。長く住まいを良い状態で保てるため、湿度や温度差の激しい気候でも耐えられるよう、コンクリートでの仕上げや朽ちやすい地表から浮かせた結果、このようなフォルムがデザインされました。住環境を快適に保てるシステムが数々取り入れられ、ユニークさと同時に住まいやすさを叶えた家が実現しています。本住宅については「SHELL」で詳細をご紹介しています。

街並みを変えてしまうような美しく大胆なファサードに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!