ローコストでも素敵な住まい!さまざまな工夫が詰まった仲良し家族の家

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

今回ご紹介するのはADS一級建築士事務所によって手掛けられた木造3階建ての住まい。狭小敷地とローロストという厳しい前提条件の中、スキップフロアや引き戸を採用して空間を効果的に使用できるようにし、また家族全員でDIYをするなどの工夫をすることで素敵な住宅が完成しました。では詳しく見て行きましょう。

​波板の外壁が印象的な外観

夫婦と子供二人の4人家族のために建てられたこちらの住まいは、チンチン電車沿い、西側道路に面した敷地に立っています。外壁をブルー系の色で塗装された金属板の波板が包み込む特徴的な外観が印象的な住まいです。玄関アプローチ部分は片持ちの跳ね出しのポーチになっており、駐車、駐輪スペースも兼ねています。

​多用途の玄関土間

こちらは広々と明るい玄関土間部分。このスペースは玄関ホール、収納スペース、子供の共有スペースとなど多用途な空間として計画されています。梁は表しにしてきの表情を見せ、また階段部分なども木多用することで温かみのある空間が演出されています。

​ロフト付き子供スペース/スキップフロアで効果的に空間利用

画像左はコンパクトながらロフト付きの子供スペースの様子。決して広いとは言えませんが、引き戸で仕切ることにより空間を自由自在に調整することができるようになっています。戸を開け放てば土間も含めた空間が子供スペースとなりますし、閉めればプライベートな空間に。ちょっとした秘密基地のような子供には嬉しい空間なのではないでしょうか。画像右は階段部分と洗面スペースの様子です。スキップフロアを採用することで高さを生かした効率的で効果的なスペースの使い方ができます。このように、空間をドアで仕切らずとも段差を付けることで開放的なゾーニングが可能です。

​大きな窓のあるLDK

こちらはLDKスペースの様子。外観でも印象的な大きな窓が目を引きます。窓がある部分は吹き抜けになっており開放的で明るいスペースとなっています。またその吹き抜けスペースを挟むように上部に設けられているロフトのような空間。こちらは夫婦それぞれの個室となっています。画像は夫婦の個室それぞれの引き戸が閉まっている状態ですが全開放することもできます。このように、引き戸で空間を仕切ることで、1階の子供室同様、自由自在な空間の切り替えが可能です。

色付きタイルで空間にアクセント

広々として使い勝手のよさそうなカウンターのあるキッチン。この空間のアクセントとなっている、淡いヒスイ色のタイルを素朴な雰囲気の照明のあたたかみのある光が照らします。

​ ローコストでも工夫次第で素敵な住まいに!

安価で耐久性があるためローコスト住宅づくりに欠かせないのが合板です。天井、壁はもちろん床、家具など様々な部分に使用することができます。こちらの住まいでも多用されていますが、このように色々な箇所に合板を使用して全体に統一感を持たせることで、合板の持つナチュラルで素朴、あたたかみのある雰囲気の空間が生まれます。白い壁とのコントラストも素敵ですね。また、家づくりの際に、家族全員がそれを家族のイベントととらえて、楽しみつつ、塗装などのDIYに参加したそうです。家族が協力し、自分たちでできることをすれば、コスト削減につながるだけでなく、家族の絆、また家への愛着も深まりますよね。

ローコストでも工夫が詰まった素敵な住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!