とんがり屋根が目印!専用庭もある賃貸併用住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回は、家族の家と賃貸が一つとなった併用住宅をご紹介します。手掛けたのは、東京を拠点に活動するUNICO DESIGN一級建築設計士事務所で、1階が賃貸、2階がオーナー用の住戸という賃貸併用住宅です。とんがり屋根の「とんがり」を逆さから読んで「Riganto」と名付けられたこの住まい、一体どんな様子なのでしょうか?さっそく見て行きましょう!

とんがり屋根の賃貸併用住宅

住まいのロケーションは東京の住宅地。こちらは道路側から見た住まいの様子です。建物の構成は、1階は専用庭付きの2戸の賃貸、2階はオーナー用住居という地上2階建ての賃貸併用住宅です。角地という立地を生かし、賃貸のエントランスは道路側に設け、オーナー住戸の玄関とは分けられています。バルコニーと専用庭の塀に設けられた木のルーバーと、とんがり屋根が特徴的なお洒落な住まいの外観となっています。

広い通り土間

広々とした通り土間の様子です。2階へ上がる階段は、ナチュラルな板状のステップと細い手すりというシンプルな作り。その階段の作りによって出来た隙間のおかげで、空間全体に明るさと抜け感が生まれています。オーナー家族は、夫婦に2人のお子さんがいるという家族構成。サーフィンが趣味というオーナーはここでサーフボードを磨いたり、日曜大工などの作業スペースにしたり、フリースペースとして様々な用途で利用出来ます。また、天気の悪い日はここが子供たちの遊び場になります。

開放感のある広々としたLDK

リビングダイニングキッチン: Unico design一級建築士事務所が手掛けたリビングです。
Unico design一級建築士事務所

リビングダイニングキッチン

Unico design一級建築士事務所

2階オーナー住戸のLDKの様子です。天井は、吹き抜けとなっておりとても高く、開放感のある空間です。明るい木のフローリングに、アイランド型キッチンでシンプルな作りの部屋ですが、奥にはブルーの壁の色がさわやかな小上がりの畳スペースがあります。梁などの建材は、あえて隠さずにすることで、デザインのアクセントとなっています。向かって右の壁は開口とし、バルコニーへ出ることが出来ます。

LDK全面に設けられたバルコニー

2階オーナー住戸のバルコニー部分の様子です。バルコニーはLDK全面に設けられていて、LDKの長さ分ある、長いバルコニーとなっています。木のルーバーは、風を室内に届けつつも外部からの視線は遮ってくれるので、バルコニーが道路に面していても、他人の視線を気にせずに快適に過ごすことが出来ます。

自由度の高い賃貸LDK

賃貸のリビングダイニングの様子。白い壁と天井に木のフローリング、そして高窓が設けられた、シンプルで清潔感のある明るい雰囲気の部屋です。広々としたこの空間は、仕切りや家具などで自分の好きなように部屋をアレンジしたり、個室に区切ったりすることができる、自由度の高い作りとなっています。奥の窓の向こうに見えるのは、専用庭スペースです。

小さくてもあるとうれしい専用庭

こちらは賃貸住戸の専用庭の様子です。通りに面していますが、木のルーバーで囲われているためプライバシーはしっかりと確保。高くて厚い塀で覆われているわけではないので、全く閉鎖的な雰囲気はなく、日当たりも良く明るい雰囲気。砂利が敷かれ木も植えてあり、シンプルながらもホッとするスペースとなっています。庭はスペースが小さくても、あるとないのとでは大違い。ちょっとしたガーデニングを楽しんだり、くつろぎスペースに利用したりと、自分流に色々と楽しめそうです。オーナー家族も賃貸住戸を借りる人も、みんなが快適に暮らせる賃貸併用住宅ですね。

賃貸併用住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!