生駒の家: 安部秀司建築設計事務所が手掛けた和室です。

青空の中でくつろぐ、繋がる空間「生駒の家」

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

住空間にとって基本となる快適な要素として、採光や通風が適度に調節できることが望ましいですよね。満足のいく敷地が得られず、既に周りの建物が建っている場合など、隣家の日影に入ってしまうなんてことも。しかし、どんな敷地でも知恵や工夫、アイデアによってその敷地の最大限の活用と建物の構成で快適な住空間を築くことは可能なんですね。そこで今回ご紹介するのは、生駒市の住宅街にある四方を住宅に囲まれた旗竿地に建つ住宅です。一見窮屈そうに感じる敷地、安部秀司建築設計事務所によって、明るく開放的な空間のあり方を考え、都会的で洗練された住宅が生まれました。

モダンな住宅ファサード

二色の配色からなる住宅ファサード。全体的に個性的で都会的な雰囲気を放っています。エッジの効いたアプローチするブロックを進むとガラス貼りの住居入口が構えます。さらに、入口のガラスに映りこんだブロックのテクスチャーは住宅内部の床と同様で、外部と内部を自然に繋いでくれるような不思議な感覚。はたしてここは住宅なのかと迷うような外形とその見た目から、休日にモダンで静かなギャラリーへ訪れた時のような新鮮な気分が味わえます。

空間の中の空間

住空間へ踏み込むと、広いワンルームの中に異なる用途の箱が見合うような連続した空間構成です。何よりも、明るく開放感に溢れる気持ちの良い空間。箱と箱の余白に生まれた本住宅の中心となる空間はリビングでもなく、そこは多目的な空間です。天井にあるグレーチングの先、ガラスのトップライトからはさんさんと太陽の光が届き、まるで温室のように暖かな心地よい雰囲気です。

青空に浮かぶくつろぎの空間

家の中心の余白から天井を見上げると、迫力を持って架構された大梁と床グレーチング、さらにその先には青く清々しい空が見通せます。その床グレーチングのある空間は、もちろん家族が休むことができ、同じ空間に居るかのように下階の空間とコミュニケーションは容易です。下から見上げたその空間は、まさに空の中に浮かぶくつろぎの空間はちょっとしたスリルとワクワクも。

多様な空間、リビング

それぞれの箱空間はもちろん仕切る事も可能です。大きく建具開閉用のフレームのついたリビングやキッチンは見せながら開放的に、プライベートな空間は乳白色のガラスでしっかりと隠すようにメリハリのついた住空間。リビングには梯子を使って取るほどの壁面収納が設けられ、ちょっとしたライブラリーのような雰囲気も。

段差が生む目線の変化

半階ずれた洗面室の床は、中央のスペースで遊ぶ子供たちとの目線とバッチリ。本住宅では至る所でその目線の変化を楽しむことが可能です。空間の連続と高低の差によって奥行と広がりを持った活動的な住空間ではないでしょうか。

足元から伝わる家族の気配

夕景の中、屋根裏でひっそりとガラスのトップライトを間近にくつろぐ空間。空の移ろう景色を楽しみながら心ゆくまで過ごすことが出来そうです。とは言っても、床から伝わる灯りや家族の存在はなんだか新しいスタイルのようです。近隣の目を気にすることなく、採光や通風を自然と取り込むことの叶った本住宅は、余白と連続が生む空間の面白さを味わうことが出来そうです。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!