Bureau MTが手掛けたリビング

森を間近に感じるナチュラルモダンな家

Emi M Emi M
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

環境に優しい生活をしたいと願う人の多くが、自然と共生するライフスタイルを理想としているはず。オランダの建築家BUREAU MTがオランダ南部の森の中に建てたのは、このような価値観を表わしたナチュラルモダンな住宅です。現代的なデザインにもかかわらず森の雰囲気を害さず、日光と風、そして生気あふれる植物の中に調和している森の中の小さな家。さっそく見ていきましょう。

外観

白を基調にしたシンプルな外観は大きな開口部が印象的です。長方形のシンプルな形で設計されたこの住宅は、1階全体に大きなガラスの壁、窓やドアを設置することで、視線を室内にいる場合は外部へと、外部からは内側へと誘導し、内外の接続を強めています。テラスはシンプルな舗装のみで地面とフラットにつながり、荒々しい自然美を感じるウッドクラフトのテーブルセットがアクセントとなっています。

セミオープンプランの一階

1階の空間は用途別に緩やかにゾーニングされています。それぞれは完全に分かれているわけではなく、柱を中心としたセミオープンタイプのレイアウトで緩やかに仕切られています。ダイニングルームとキッチン、そしてリビングルームがあり、それらは一つの流れに置かれてはいますが、視界は適度に仕切られており個別性も備えている空間です。室内全体をホワイトで仕上げ、装飾は抑えた清潔感のあるモダンスタイルです。その中で木製家具やウッドクラフトを生かし、シンプルモダンなインテリアでも自然美を感じることのできる室内となっています。

豊富な開口部

ガラスを多用したこの家は豊かな自然採光が大きな魅力です。リビングルームは窓だけでなく天井にも長方形の天窓を設置して、家の隅々まで暖かく明るい日差しが入るようになっています。四方から入る自然光は、様々な動線を持つ室内構造と調和し、立体感のある空間を演出するのに一役買っています。

ヒーリングスペース

家の中のあちこちに、日常生活の中で自然と同化する時間を楽しめるヒーリングスペースがあります。大きな窓に面して設置されたベンチは、腰掛けたり横になって外の風景を楽しむことができるカフェのような休憩場所。シンプルで素朴な要素ですが、晴れた日の日光浴はもちろん雨や雪が降る日も、四六時中変化し続ける美しい自然景観をゆったり鑑賞できる癒しの場です。このように窓枠を広く設計して簡単なクッションを配置するだけで、広々とした視界が確保されたプライベートなヒーリングスペースを作ることができます。

森を感じるダイニングルーム

全体が開口部となっているダイニングルームは、緑豊かな森がそのまま飛び込んでくる空間。力強い木々と緑豊かな薮、その間に降り注ぐ日差しが交わりあう躍動感のある森の生命力をダイレクトに感じることができます。木目や亀裂もそのまま生かしたダイニングテーブルはナチュラルな魅力を表現すると同時に、日常と自然の風景を一つにまとめる媒体の役割も担っています。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!