トイレの壁紙ってどう選ぶ?

Aya F. Aya F.
コンパクトで可愛いショートケーキハウス, M設計工房 M設計工房 北欧スタイルの お風呂・バスルーム テキスタイル 紫/バイオレット
Loading admin actions …

トイレは日に何度も使うスペースですが、この空間のインテリア、皆さんはどれくらい気にしていらっしゃいますか?掃除のしやすさなどを考慮することが多いと思いますが、せっかく頻繁に使う場所。気持ちが揚がる壁紙などを取り入れて、華やかさをアップさせたいものです。ではトイレの壁紙ってどう選べばよいのでしょうか?今回は、この軽視されがちな空間のインテリアについて考えていきます。ミニマルな模様替え、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

トイレにこそインパクトのある壁紙を

トイレは、家の中でも最も小さな閉ざされた空間。長居する場所でもないため、その内装に気を配る人はそれほど多くないかもしれませんね。でも、狭い空間だからこそ、壁紙選びが大切、とその道の専門家は言われます。汚れやすい空間だからこそ、掃除のしやすさや消臭、調湿効果などの機能性のあるものを選ぶことはもちろんのこと、狭い空間だからこそ、インパクトの強い柄を用いてもいいようです。思い切って冒険してみてはいかがでしょうか?

機能性素材で気持ちよく

常に湿気を帯びている空間であるお手洗い。湿気を調節する素材は、カビや菌を防ぐためにもとても大切です。こちらのトイレでは、エコカラットという素材が壁に使われています。空間の湿度をちょうどよく保ってくれたり、匂いを吸い取ってくれたりするそう。また、水拭きできるため、お手入れもシンプルなのだとか。こちらでは白いものが取り入れられていますが、いろんなカラーバリエーションがあるようです。チェックしてみたいですね。

Photo: 石井雅義

家全体のイメージと揃える

大抵の場合、屋内のデザインは、和室洋室の差を除いてある程度統一して作られると思います。北欧インテリアで作られたお宅ならば、それに沿ったデザインにされるでしょう。こちらのお宅は、全体的にレトロポップなイメージでデザインされています。パパママハウス株式会社が手がけたものです。カラフルな内装に合わせて、トイレも白地に黒の水玉。ブルーグリーンのドアもとてもクールです。一貫したポップさに、お客さんも驚かれるのではないでしょうか。

軽くアクセントをつけるなら奥の壁だけ手を付ける

特にトイレにこだわりはないけれど、少し自分らしさを出したい、というのであれば、奥の壁を一面だけアレンジしてみてはいかがでしょうか。こちらでは、淡いブルーの地にダイヤ柄のアクセントがついた壁紙が選ばれています。全面真っ白よりも、空間にブルーで爽やかさが加わり、明るい印象になっています。マットやカバー、タオルも気分によって明るい色を用いてみると、手軽なイメージチェンジとなりそうです。

雰囲気のある空間に

昔ながらの和式のトイレは、どこか薄暗く怖いところ、という印象がありました。きれいに磨かれてほどよく薄暗いのがよい、とは谷崎潤一郎の弁ですが、最近のお手洗いでは、こんな風情のものにはなかなかめぐり合うことがなくなりました。しかし、こちらのお手洗いは、まさに谷崎の言葉を思い出させてくれるような雰囲気のあるインテリアです。月見窓から差し込む優しい光が、金色の唐草模様の壁紙をほのかに映し出し、なんとも風情のある空間です。

インパクトある柄は窓のない壁に

どこにこんな派手な壁紙を使うの?と思うような柄の物こそ、トイレに用いるべき、と専門家は言いますが、思い切るにはなかなか勇気が要るかもしれませんね。それならば、四辺あるうちの一面だけに大胆な柄の壁紙を取り入れてみましょう。他の壁とのメリハリをつけると空間としてのまとまりが生まれます。窓やドアがない壁面にインパクトのある柄を持ってくると、その良さが引き立つそうです。ぜひチャレンジしてみましょう!

小さな空間だからこそ、冒険してみては?ご意見ご感想お待ちしています。

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

注目の特集記事