和風住宅リビング: 株式会社 北島建築設計事務所が手掛けたリビングです。

距離感を大切にして暮らせる上品な和風の2世帯住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、和の趣のある外観が特徴の2世帯住宅です。室内インテリアは親世帯は和風の平屋建て、子世帯は北欧スタイルの2階建てと異なっており、それぞれの生活スタイルに合った暮らしが出来る快適な住まいとなっているのがポイントです。2世帯住宅の住まい作りを計画している方には、何か参考になるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは神奈川県横浜市を拠点に活動する株式会社北島建築設計事務所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう。

趣のある和の外観

住まいのロケーションは神奈川県横浜市。もともとは瓦葺きの平屋だったそうなのですが、庭部分を残して建て替えた2世帯住宅となっています。耐震や断熱を強化して和モダンの建物に生まれ変わりましたが、凛とした佇まいと縁側や格子からは和風家屋の品格が感じられます。

親世帯は平屋、子世帯は2階建て

こちらは正面からの眺めです。建物は玄関を中心として左右に広がった作りとなっており、親世帯は平屋、子世帯は2階建ての構造となっています。どちらの世帯にも軒下によって生まれた縁側と広い庭があり、好きな場所でのんびりと過ごすことも可能です。つかず離れずの程よい距離感でお互いの家族が安心して暮らせる2世帯住宅となっているようですね。

親世帯リビング

こちらは親世帯のリビングの様子です。新しさがありながらも和の趣がある上品なインテリアとなっており、落ち着きが感じられます。また平屋の特徴を生かして、空間がゆったりとしていますね。庭に面した開口には、カーテンではなく障子が取り付けられているのもポイントです。壁側には大きな収納がありますが、壁と一体化しているので平屋のゆとりある雰囲気を妨げることなくスッキリとしています。

障子によって柔らかくなる採光

こちらは違う方向から見たリビングです。日差しが障子を通して柔らかい光に変化し、室内全体がリラックスした雰囲気に包まれています。障子は外部からの視線を遮り光だけを上手に通すので、プライバシーの確保としてもとても有効です。またインテリアとしても洗練された雰囲気があるので、和風スタイルではない住まいでも、取り入れてみたいアイデアの一つかもしれません。

子世帯リビング

こちらは子世帯のLDKの様子です。シンプル&ナチュラルな優しいスカンジナビアンスタイルのインテリアとなっており、くつろげる雰囲気が広がっています。また吹き抜けの天井と庭に面した大開口によって、ゆったりとした開放感も生まれています。テレビ台を含めたリビングの収納は壁と一体型となっており、空間がスッキリとしているのもポイントです。

シンプルで機能的なキッチン

こちらは子世帯LDKのキッチンスペースの様子です。棚やコンロは壁側に面しており、シンクや調理台はダイニングに向かっている2部構成。シンプルで機能的なレイアウトとなっています。オープンとなったカウンターは、キッチンに立っている際もリビングや庭がよく見渡せます。また手元が見えない作りとなっているので、お客様が来た時も作業の様子を見せないで済み安心ですね。壁の一部をモザイクタイル張りにしており、空間のアクセントとなっているのもお洒落です。

趣のある和風の2世帯住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!