リビング・ダイニング: 道家洋建築設計事務所が手掛けたダイニングです。

シンプルだけれど強い個性を感じさせる家「黒一」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

最近では無駄な装飾などをそぎ落としたシンプルな家が多く見られるようになりました。ですが、個性を感じさせるようなシンプルな家は決して多くはありません。時にシンプルさは建物の個性も奪ってしまうのです。そこで紹介したいのは、シンプルであっても強い個性を感じさせる特別な家です。それがどんなものになっているかを早速見てみることにしましょう。

黒一色の建物

今回紹介する家を手がけたのは道家洋建築設計事務所。家が建てられたのは愛知県の津島市。その敷地周辺には、住宅や工場、そしてコンビニなど様々なものが並び、雑多な風景を作り出してます。そんな場所で本住宅は一際強い印象を与えるでしょう。箱型の形となっている建物は黒一色。そこで目に付くのは外壁だけで、余分な装飾は見られません。そのためまるでオブジェのように見えて、強い印象を与えることになります。

外からの視線や雑多さを跳ね返す外壁

そんな家ですが、通りを歩く人が見ることになる南側では窓が目立たないように取り付けられています。そこで窓が配置されているのは屋根付近の場所。背の届かないところに設置されており、窓から中の様子を窺うことはできません。そのため、ここではプライバシーを気にせずに暮らすことができるでしょう。また外からの光は取り込んでも、雑多な風景は取り込まないようになっているのです。

広々とした空間

このような家の中に広がるのは印象的な空間です。家は平屋になっていますが、通常の1.5倍ほどの高さになっており、天井が高くなっています。また箱型の建物の内側には、家の中を仕切らないように考えたワンルームのような空間が広がっています。そのため縦にも横にも広がりがある空間が生み出され、家の中で圧迫感を感じることはないでしょう。

木材が感じさせる暖かな雰囲気

リビング・ダイニング・キッチン: 道家洋建築設計事務所が手掛けたダイニングです。
道家洋建築設計事務所

リビング・ダイニング・キッチン

道家洋建築設計事務所

本住宅がシンプルなのは外観だけではありません、その内側もシンプルにまとめられたものになっています。複雑な間取りでないシンプルな空間では壁が少なくなるため、壁や床、そして天井などが目立ちます。そんな場所に使われているのは木材。家の中のどこを見ても、木が見えるため、それが醸し出す暖かな雰囲気を楽しむことができるでしょう。

打放しコンクリートが生み出すコントラスト

リビング・ダイニング: 道家洋建築設計事務所が手掛けたダイニングです。
道家洋建築設計事務所

リビング・ダイニング

道家洋建築設計事務所

このような木材を活かした内部空間ですが、それは単調になることはありません。壁の一部にはシンプルだけれど木材とは違った印象を与える打放しコンクリートが使われています。そのため柔らかな印象を与える木の壁と、重厚さを感じさせるコンクリートの壁がコントラストとなり、家の中には強い個性を持った印象的な空間が生み出されているのです。

シンプルだけど強い個性を感じさせる家

本住宅が感じさせるのはシンプルさ。ですが、それはただ記憶に残りらないような無個性なものではありません。それは余分な要素をそぎ落としつつも、家の魅力となる特徴をしっかりと残して、シンプルだけれど個性的な空間を実現させているのです。

シンプルな家については、こちらの記事でも紹介しています。

魅力的なシンプルモダンな家

究極にシンプルな外観!中庭のある平屋の住まい

シンプルでも存在感は抜群!都心に建つ家

シンプルで個性を感じさせる家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!