yawn-陽だまりで猫とゴロゴロ: 株式会社ブルースタジオが手掛けたリビングです。

フローリングとは違う!カーペットの魅力

A.Imamura A.Imamura
Loading admin actions …

カーペットにはフローリングにないメリットがあります。日本の住宅ではダニや埃などで敬遠されがちですが、実は意外に埃やゴミが入り込まず表面にたまるだけなので掃除機での掃除で清潔感が保てるという面も。今回は、そんなフローリングとは異なるカーペットのメリットや魅力をご紹介していきます。

フローリングにはないメリット:カーペットは埃の舞い上がりを防ぐ

フローリングにはないカーペットのメリットは、埃の舞い上がりを防いでくれる点にあります。特に人が集まるリビングなどの場所では埃やゴミが絡み目につきやすいですが、逆にゴミやホコリを掃除機で吸い取りやすいというメリットがあります。また、ホコリやダニの死骸などハウスダストの原因になるものを空気中にまき散らさない効果があります。

フローリングにはないメリット:カーペットのデザイン・カラーの豊富さ

フローリングにはないメリットとして、カーペットのデザインやカラーの豊富さが挙げられます。同様にフローリングでは木素材や色味を選ぶ事ができますが、室内の床全てが同じだと味気ない雰囲気になってしまうことも。高級マンションではより洗練された雰囲気を整えるために選ばれることが少なくありません。インテリアコーディネートや家具の雰囲気に合わせた選択が豊富なので、完ぺきなインテリアコーディネートを望む人におススメです。

こちらでは「カーペットとカーテンのあわせ術」を紹介しています。

床暖房フローリングの上にカーペット貼り

こちらは株式会社ブルースタジオが手がけるタワーマンションのリノベーション。ブルーの床とホワイトの壁のコントラストが爽やかでスタイリッシュな印象に仕上げています。床暖房フローリングの上にカーペット張りすることでより機能的に。他の暖房器具では得られない独特の温もりが魅力です。

猫とのんびり暮らす家

大きな広場のようなリビングルームが居心地の良いこちらの住まい。施主の希望である「家ではゴロゴロしたい」という希望に沿い、飼い猫と日だまりでお昼寝できるような空間がデザインされました。全面カーペット敷きにすることで、視線の低い座る生活スタイルに。薄いグレーブルーの床が正面の鮮やかなブルーカラーに馴染み、モダンなおしゃれさと清潔感が演出されています。

転倒時の衝撃を和らげる

こちらは、多目的ルームにロフトを設けた住まい。ロフトに至る壁にボルダリングホルダーを設置してハシゴを使わなくても登れる仕様です。またハンモック等を吊るせるフックを天井に設けて様々な遊びに対応できるアクティブなスペース。やはりこのようなスペースにはフローリングではなく、転倒時の衝撃を和らげてくれるカーペットが採用されています。また消音効果もあるので、子供が遊ぶ際の足音や騒音をあまり気にせずにすむ点もメリットですね。

住居空間の用途で使い分ける

こちらは住居空間の床素材を上手に使い分けた住まい。引き戸カーテンの向こう側のキッチンサイドは掃除のし易いフローリングに。テレビや座椅子のあるリビングルームには家族がゴロゴロし易いカーペットが採用されています。引き戸の開け閉めで空間を大きく使用する際も、木の床とブルーカラーならば馴染みよく程よい空間のメリハリが生まれます。

異なるメリットは把握できましたか?是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!