橿原の家: 設計工房フウカが手掛けた家です。

家の中が外のように感じられる「橿原の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

仕事や学校で忙しくしていても、家に帰って一息つけば、疲れが取れることでしょう。そのため家に必要なのは生活のための場だけでなく、安らぎの場かもしれません。そんな空間を演出するためには何が必要でしょうか。そこで重要なのは落ち着ける雰囲気でしょう。そこで今回紹介したいのは気持ち良くくつろげる家です。それがどんなものになっているか、早速見てみることにしましょう。

ナチュラルな外観

今回紹介する家を手がけたのは設計工房フウカ。家は奈良県の橿原市に建てられました。敷地があるのは多くの家が建ち並ぶ住宅地。そんな場所で本住宅は少し人目を引くかもしれません。木造2階建ての建物は、外壁の一部が木の板が使われており、ナチュラルな印象を感じさせます。そんな外壁の上にはガラス窓が不規則に配置されていて、個性を感じさせる外観になっています。

木や竹を活かした玄関

家の入口を開けると目に飛び込むのは、暖かな雰囲気を感じさせる玄関です。そこでは淡い茶色のフローリングが見えるでしょう。その先に見えるのは木の扉。上を見上げると、天井を覆う多くの竹が見えます。どれも自然の素材のため、ナチュラルで暖かな雰囲気を醸し出しています。こんな玄関であれば、来訪や帰宅をいつも歓迎されているように感じられるかもしれません。

床も天井も木で覆われた家

家の中に向かうと見えるのは茶色に覆われた空間。そこで上を見上げると見えるのは、天井を覆い尽くす杉板。ここでは床は木のフローリング、天井は杉板が張られており、上も下も木のナチュラルな茶色で覆われています。そのため、この部屋にいれば、多くの木々が茂る森の中にいるような印象を感じられるでしょう。

暖かな雰囲気を感じさせるキッチン

家の中では木の暖かな茶色を見ることになります。もちろん家族が集まるダイニングルームとキッチンも例外ではありません。キッチンの収納棚は濃い茶色の木材で作られており、淡い茶色が目立つ空間にコントラストを生み出します。他にもキッチンのカウンターにも木が使用されており、どこを見ても木の素材に気付かされるでしょう。そして素材が持つ暖かさを強く感じさせられるのです。

木の素材に包まれる家

多くの家は木造住宅ですが、家の中で目に付くように木材が使われるとは限りません。木造住宅であっても、合板や人工的な素材を使うため、家の中で素材が持つ冷たさを感じたりすることもあるでしょう。ですが本住宅では木や竹などを使うことで、暖かな雰囲気を感じることができます。そして家の中にも関わらず、自然に包み込まれるような、心地良さを感じて生活を送ることができるのです。

木の素材感を感じさせる家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!