見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

今よりもっと快眠できる寝室作りはどうすればいいですか?

Kawase Minori Kawase Minori
Loading admin actions …

寝室は1日の疲れを癒す場所、快適な睡眠をとることができれば明日への活力になりますよね。みなが完璧な寝室を望みますが、日々に追われている忙しい人は、「寝るだけだから」と寝室に手が回らないこともあるでしょう。実際にはなかなか無視されがちな居心地のいい寝室作り。では、安眠できるような寝室とはどのようなものでしょうか。今ある寝室を変えてよりよい睡眠を手に入れたい人のために、今回は寝室の家具を変えることで夜が来るのが待ち遠しくなるような快眠できる寝室作りのアイディアを紹介したいと思います。

散らかった部屋になることを避ける

散らかった部屋は心も落ち着いていない証拠。まず見た目にも落ち着く空間を作るために寝室は「綺麗に清潔に」のルールを守りましょう。「家の中が散らかってしまっても寝室だけは絶対に散らかさない。」寝室は家の中での「聖域」として捉え常に散らからないように気をつけます。そうすれば空間に入った時に自然と気持ちもスイッチがオフになり安眠へと誘われることでしょう。

適した良質なベッドを用意する

Perfect Staysが手掛けた寝室
Perfect Stays

The Downes

Perfect Stays

まず最初に行うべきことは、適当なベッドやマットレスその身の回りの家具を用意することです。人生の3分の1の時間を費やす睡眠の時間。寝ている間は気づかなくても、ベッドの質が悪く寝にくければ体は休むことができません。安眠の度合いを大きく左右するベッド、「ここで寝たい!」と思えるようなベッドを見つけ、続けて空間作りの準備をしましょう。

壁はシンプルにしておく

壁にポスターを貼ったり、デコレーションをするのも可愛いですが、安眠のためにここは抑えめにしておきましょう。文字や情報があると自然に脳は反応してしまい興奮してしまうことがあるからです。この木漏れ日が美しい寝室は東京都の直井建築設計事務所が手がけられました。シンプルにしておくことで、朝の光が差し込んだ時に壁の白さに反射し、とても清々しい気持ちで朝を迎えられます。

照明の光にこだわる

例えばドラッグストアのような明るい蛍光灯では、眠れることはできませんよね?どうせ電気を消すのだから、と明かりを侮ってはいけません。なるべくソフトな明るさの照明であれば電気を消す前の導入の部分で気持ちをリラックスさせます。この柔らかな光が美しい寝室は大阪を拠点に活躍するMIMASISDESIGNが手がけられました。光が空間に溶け込むようで快適な睡眠へと繋がっていきそうです。

寝る前の◯◯習慣をつくる

寝るのには生活のリズムを作ることが大切だと知っている人は多いでしょう。生活のリズムとは繰り返し一定に行われる「習慣」ともいえます。例えば寝る前に必ず歯磨きをする。と毎日続けていると「歯磨きをしたら眠る」という習慣ができます。その習慣は「寝る前の準備体操」ともいえます。そんな毎日の習慣づくりを始めてみましょう。

ベッドの上で他のこと(仕事やゲーム)をしない

寝室を「聖域」にするためにも「睡眠」以外の用途では使わないようにします。例えば、スポーツジムは「運動をする」という目的の場所ですよね?家の中では運動が出来ない人もジムに行けば運動がしたくなる。そういうことが起こると思います。それは部屋の目的がしっかりしているため選択肢を考える必要がなくなるからです。寝室もそのようにすることで「寝る」ということに集中でき、快適な睡眠を手に入れることができます。

このアイディアブックについて感想はありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!