The Cotswold Companyが手掛けた

エントリークローゼットから見せる収納まで!玄関を便利でおしゃれにする収納まとめ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

エントリークローゼットという言葉を聞いたことがあるでしょうか。それは、玄関収納の方法の1つで、雑然としがちな住まいの入口をすっきりと便利にしてくれます。しかし、エントリークローゼットだけでなく、玄関収納には他にも方法があります。そこで今回は、玄関を便利でおしゃれにしてくれる収納方法についてまとめて紹介していきたいと思います。それぞれのライフスタイルや玄関の使い方に合わせて、使いやすく玄関のインテリアもおしゃれにしてくれる収納タイプを選んでいきましょう!

最大限に表示 あなたのプロジェクトを
homifyのページ上であなたのプロジェクトを紹介しましょう
今すぐ試す

エントリークローゼットで使いやすくすっきりとした玄関に

エントリークローゼットとは、玄関やその側に設けられる収納スペースのことで、靴以外にも、子どもの遊び道具やカバンなどを納めるために比較的広いスペースで大容量の玄関収納とすることもできます。また、こちらのエニシ建築設計事務所が手掛けた住まいのように、玄関からそのまま靴を履いたままエントリークローゼットへと入れるようにすることで、屋外の物をより収納しやすくすることもできます。

靴も履きやすい収納ベンチ

玄関の靴収納として腰まである高さの収納棚を置くことが多いですが、そうした玄関収納の高さを座れるような高さに低くすることで、収納もできるベンチとして、そこに座って靴も履きやすくしてくれる便利な場所を生み出してくれます。また、玄関収納の高さが低くなることで、目線が通りやすくなり、すっきりと広々とした玄関ともしてくれます。こちらのようにコンパクトでかわいらしい収納ベンチで玄関をおしゃれに演出してみてはいかがでしょうか。

収納棚を上部に設置

こちらの住まいのように、収納棚を玄関の上部に設置することも1つの方法です。玄関の収納棚は床に置くかたちが一般的ですが、その収納棚を天井から吊り下げるようなかたちで上部に設けることで、その下部分に自転車や雨具などを置くことができ、玄関スペースをより有効に使うことができます。収納棚の下に設けられている黒いバーは、傘やハンガーを吊り下げられるだけでなく、インテリアとしても白い玄関のワンポイントとなっています。

広い玄関土間

玄関土間は靴が置けて脱ぎ履きできる程の広さが一般的ですが、こちらの住まいのように、1つの部屋のような広さに広げることで、最初のエントリークローゼットとはまた異なる大容量の収納スペースを玄関に設けることができます。多くの靴や自転車はもちろんのこと、趣味の物まで様々な物を余裕を持って置けるだけでなく、床が汚れたり傷付いてしまうような室内では行いづらい作業も可能な便利なスペースとなってくれます。

床下収納で玄関をすっきりと

玄関には下駄箱があると思いますが、毎日履くような靴は下駄箱にいちいち納めず、そのまま玄関に置きっぱなしにするという方がほとんどだと思います。しかし、その置きっぱなしの靴が邪魔に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時は、こちらの住まいのように、玄関の床下にへこみをつくることで、床下収納のようなかたちで靴を床の下に仕舞うことができ、自然とすっきりとした玄関としてくれます。

見せる収納

見せる収納で玄関を飾りながら物を納めたい方も多いと思います。こちらの住まいのように、玄関奥にエントリークローゼットを設けて大容量の便利な収納スペースをつくりながら、玄関にも収納棚を取り付けて、ここには見せる収納のかたちを重視しながら物を納めていくことで、使いやすさとデザイン性を兼ね備えた玄関とすることができます。見せる収納については、「バウハウス流シェルフシステムで今年こそ見せる収納!」も是非参考にしてみて下さい。

写真:ジャストの家

あなたはどんな玄関収納を取り入れてみたいですか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!