奥田の家: 五藤久佳デザインオフィス有限会社が手掛けたリビングです。

家族で生活を楽しめる「奥田の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家で暮らすことで重要なのは何でしょうか?それは家族の繋がりを感じることかもしれません。また家での生活を心地良く過ごすことも重要でしょう。そこで、今回紹介したいのは家族の繋がりを感じることができ、またそこでの生活を楽しめる家。それは印象的な外観を持ち、その内部には心地良い空間が生み出されています。

シンプルでモダンな外観

今回紹介する家を手がけたのは五藤久佳デザインオフィス有限会社。家は愛知県の稲沢市に建てられました。木造平屋建ての家が建てられたのは郊外の住宅地。建物はそんな場所で少し人目に付くかもしれません。家は正面から見ると、とてもシンプルな形になっています。ファサードには大きなガラス窓が取り付けられており、建物に軽やかさを与えてモダンな印象を生み出しています。

単調にならない特別な家

正面から見るとシンプルな建物ですが、決して建物は単調な空間になっている訳ではありません。家の後部には飛び出すような形で空間が付随しています。そのため多くの部屋を設けることができ、広がりを感じることができるでしょう。また屋根は後ろに向かって少しずつ高くなっています。そのため生み出されるのは吹き抜けのような高い天井。このように平屋の家にも関わらず、広さや開放感を感じることができるのです。

家族で過ごすLDK空間

家の中にあるのは印象的な空間です。その中心となるのはリビング、ダイニング、キッチン(LDK)が一体となった部屋。そこでは各空間を仕切られておらず、広い空間が生み出されています。そのため家族が自然に集まれる場所となるでしょう。このような空間なら、食事が終わっても各自の部屋に戻らず、リビングなどで一緒にくつろぐことができます。そのためここでは家族の絆も深まることでしょう。

明るく、風の感じられる場所

LDKの特徴はこれだけに留まりません。このような家族が集う場所には大きな窓が設けられています。そのため家の中に暖かな太陽の光が射し込みます。そして家の中を明るい空間として演出してくれるでしょう。もちろん窓を開ければ、外の風も取り込むことができます。こうして家族のための場所では、心地良く時間を過ごせるようになっているのです。

周りの風景を取り込む

LDKの部屋に座れば、見えるのは外の景色。そこからは広々とした庭や、外に広がる郊外の景色を見ることができるでしょう。そのため、家の中にいても、まるで外にいるような印象を感じられるかもしれません。このような外の景色はバスルームでも楽しむことができます。湯船に浸かれば、窓の外には庭や外の景色が見えます。そして露天風呂のような開放感を感じながら、くつろぎの時間を過ごすことができるのです。

家族がワイワイ集まって、一緒に楽しい時間を過ごせる家

本住宅は、木造平屋の家です。それは家の外観にまとまりをもたせた、シンプルさやモダンさを感じさせ家です。そんな家の中には、広がりや、開放感、明るさを感じさせる心地良い空間が生み出されています。こんな家であれば、家族がワイワイ集まって、一緒に楽しい時間を過ごせることでしょう。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!