機能的な小窓が迎える住宅「見せたがらない家」

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

住宅の外観は家を建てる際の最も重大な要素の一つだと思います。それは住宅そのものの顔でもありますし、何よりも住まう人が納得のデザインであることです。しかし、住んでしまえばその住宅の顔はより愛着の湧くものになりますし、帰宅した際には遠くから見えるだけでも「ほっ」と気持ちが落ち着くものです。今回は小さな窓が並ぶ、木目の気持ちよい住宅ファサードを持つ住宅をご紹介いたします。有限会社タクト設計事務所によって生まれた閉鎖的な外観の中にある、洋風な内装に開放的な露天風呂のある心暖まる住宅です。

木目と小窓の住宅外観

夕景の中の明かりが灯った本住宅外観。前面道路から見えるのは湾曲した木目の外壁に小窓が気持ちよく並ぶ住宅ファサードです。街頭が照らす植栽と植栽の影が浮かぶ外壁は帰宅する家族や、来客など暖かかく迎えてくれているようです。後方に構えるのはエッジの効いた本住宅の一部。フォルムの異なる二つの住居スペースが一体となった個性的な外観です。

ペンダントライトが映える玄関入口

前面道路からは隠れたように配置された玄関入口。住宅内部へ、外部からの視線を受けることなく開閉できるのは心理的にも安心です。湾曲した外部から回り込むようにアプローチする玄関には、明るくその陰影が可愛らしい洋風のペンダントライトが迎えます。まるで街外れの隠れたレストランの入口のような雰囲気です。

薪ストーブの似合うリビング

薪ストーブの似合うリビング・ダイニングスペース。明るめの木フローリングから続く腰壁、薪ストーブスペースのレンガ調タイル貼りに小ぶりのシャンデリアは、上品な印象に自然の中に佇むヒュッテのようです。連続したリビング・ダイニングでは、対面式キッチンに広々リビングでは家族の団欒が賑わい、そして煙突が伸びていく開放的な吹き抜けからは十分な採光と通風が舞い込み、心地よく快適な空間です。

タイルと木の洋風キッチン

対面式キッチンは家族の顔や、リビングが見通せる開放的な場所です。そんなキッチンスペースは収納の扉の装飾や床は木目の色と絶妙にフィットしたタイル貼りで彩られています。またちょっとしたスペースにハーブなどの鉢植えや、植栽が洋風な空間にバッチリ映えそうなキッチンです。

太陽光が気持ちいい露天風呂

ガラスの扉が隔てる開放的な浴室です。本住宅の外観からは、その存在が予測できないような空間です。大きく空を取り込むように開いた開口はダイレクトに浴室へと太陽の光が届きます。浴槽のデザインも柔らかな印象の丸型でジャグジーを思わせるもの。クリーム色のタイルでまとめられた空間はナチュラルで、清潔感に溢れます。夜には星を眺めながら1人でゆったり浸かるのもいいし、子供と楽しく見上げて星座を探しながら入浴を楽しむことも出来そうですよね。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!