1階 寝室: 井戸健治建築研究所 / Ido, Kenji Architectural Studioが手掛けた寝室です。

狭くても豊かな空間!3つのテラスと1つの庭を持つ狭小住宅

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは夫婦のために設計され、市街地の狭小敷地に建てられた木造住宅です。IDO, KENJI ARCHITECTURAL STUDIOが手掛けたこちらは、狭い敷地においてもクライアントの要望を丁寧にくみ取り、空間の使い方にメリハリをつけることで、豊かな生活を送ることのできる住まいとなっています。狭小住宅でも、テラスに庭、豊富な屋外空間が可能であることを示した好例です。

撮影:太田拓実

​狭い敷地でも庭がほしい!

敷地周辺は住宅、町工場、事務所ビルなどが共存している地域です。敷地の北側に前面道路が、南側には3階建ての工場があります。クライアントが南側に庭、道路側にはガレージを希望したため、必要な部屋を確保するために3階建ての住宅が計画されました。建物が密集している地域のため、プライバシー確保を考えて正面ファサードには大きな開口は設けられていません。ミニマルな形状、真っ白な外壁に目隠しも兼ねたテラスの木格子がアクセントを加えています。

​庭へと続く和室

一階の玄関を入ると、奥に和室があります。寝室は別に設けられず、この和室が夫婦の寝室を兼ねています。この和室からは庭に出ることができ、部屋自体は小さいものの、窓から外の景色を取り込むことでゆったりと穏やかな空気の流れる空間となっています。階段下の空間には造り付けの棚と机があり、小さいスペースを有効に使えるよう考えられています。

階段脇にも収納を

階段の脇にも造り付けの棚を配し、狭小住宅において最大限の収納を確保することができるよう工夫されています。

​光が降り注ぐ明るいリビングダイニング

1階から階段を上るとリビングダイニングが広がっています。上部は吹き抜けとし、また南側に2層にわたって大きな窓を設けることで、開放的で明るい空間となっています。全ての階を通じて床、梁、家具にはパイン材を使用し統一感を持たせ、白い壁、天井に木の温かみを加えることで、柔らかでやさしい雰囲気の空間となりました。

​構造とインテリアの出会う場所

リビングダイニングの奥に見えるのがキッチンへと続いている開口およびカウンターです。同じ水平要素である梁に使用されているパイン材がカウンターにも用いられることで、構造上必要な要素である梁を意匠面でも必然的なものへと昇華させています。

​ロフトのような部屋

3階の洋室からは吹き抜けを通して2階のリビングダイニングの気配を感じ取ることができると同時に、十分な採光を確保することが図られています。また画像では確認できませんが、3階にもテラスが設けられており、この洋室からも屋外に出ることができます。

​大きな窓のある浴室

2階キッチンの北側には浴室、さらにその奥には洗面室から出ることのできるテラスが配置されています。テラスに向かって大きな窓を設けることで開放感ある明るい空間とすると同時に、木格子が周囲からの視線を遮断しプライバシーも保たれています。

​「つながる」空間

一つ一つの部屋の面積は小さくとも、各階に屋外とつながるスペースを設けて空間に広がりを持たせたり、また空間同士を完全に仕切らずに計画することで、視線、光、空気、気配が通る開放的で居心地の良い住まいが実現しています。

【狭小住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 狭小住宅を建てる前に知っておきたい6つのこと  

※ 素敵な空間を持った狭小住宅6選!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀  

募集ページはこちら

狭くても豊かな空間を実現した狭小住宅について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!