天然素材で快適で安心の住まいに!その特徴と種類

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Ritto House, ALTS DESIGN OFFICE ALTS DESIGN OFFICE
Loading admin actions …

天然素材を使った家づくりをしていこうと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、実際にどのような素材を用いることができるのか、あまりイメージが湧かない方もいらっしゃると思います。そこで今回は、天然素材の特徴とその種類について紹介していきたいと思います。こうした素材は、新建材にはない素材本来の肌触りや味わいが楽しむことができるので、是非実際に目や手に触れて素材選びをしてみて下さい!

天然素材とは

視線を誘導する工夫に溢れた空間デザイン 四季の住まい株式会社 オリジナルデザインの リビング 無垢材 白色
四季の住まい株式会社

視線を誘導する工夫に溢れた空間デザイン

四季の住まい株式会社

天然素材とはそもそも、自然にある素材を用いた建材のことを言い、木や土、さらには石といったものがそれにあたります。これに対するものが、新建材にあたります。新建材とは異なり、天然素材は化学物質など人工的につくられる素材が使われないことから、シックハウス症候群などの原因物質を含まないといった健康面での安心感と、新建材にはない「本物」の素材感を味わうことができます。

丸太からそのまま切り出される無垢材

ここからは天然素材としてどのようなものがあるのかを見ていきましょう。まず、ほとんどの住宅で用いられる木材ですが、木材の中でも丸太からそのまま切り出されて建材として使われる無垢材が天然素材として挙げられます。木材には集成材もありますが、集成材は薄い板材などを接着剤を使って継ぎ合わせてなることから、天然素材で木材の家づくりする際は無垢材を選んでいきましょう。木材本来の肌触りや香り、さらには経年変化による味わい深さも楽しむことができます。

多様な機能性を持つ土壁

土や藁スサでつくられる土壁も天然素材の1つです。ビニルクロスなどとは違い、素材感が味わえることはもちろんですが、土壁は様々な機能性を持っていることも忘れてはいけません。室内湿度を快適に調節してくれる調湿機能や蓄熱効果・空気清浄効果、さらには高い防火性も期待できます。また、職人の手で様々な模様や仕上げ方で壁に独特の表情を生み出すことができることも魅力となる点です。

高級感・重厚感のある天然石

天然石はその名の通り、石からなる天然素材となります。何と言っても、天然石が持つ高級感や重厚感は建物の外観やエクステリアを非常に魅力的にしてくれますし、石の種類や表面加工の仕方によって様々な石の表情を生み出すこともできます。また、こちらの充総合計画 一級建築士事務所の手掛けた住まいのように、キッチンカウンターに天然石を用いてキッチンに高級感や落ち着きのある雰囲気を取り入れるなど、屋外だけでなく室内での使用も考えてみてはいかがでしょうか。

天然素材としてのファブリック

ファブリックとは、インテリアの中では布からなるクッションやカーテンといったものを指します。そうした布からなるものも天然素材の1つとなります。ファブリックは主に家具やラグなどのインテリアの要素となりますが、壁の仕上げ材の中には布クロスもありますので、壁を布の柔らかな表情、あるいはビニールクロスのようなテカリを避けたいという方にはおすすめの壁紙です。

洋風や和風のスタイルを生み出す紙

和室+リビング~037軽井沢 I さんの家 atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE 和風デザインの リビング 木 ブラウン 和室,障子,森,和モダン
atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE

和室+リビング~037軽井沢 I さんの家

atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE

障子を中心として紙は古くから日本の住宅に用いられてきましたが、その紙も天然素材の1つです。障子以外にも、洋紙や和紙でなるクロスもあり、それによって洋風や和風の雰囲気をつくり出すこともできますし、伝統的な格式あるスタイルからシンプルなモダンスタイルまで様々なインテリアにも合わせることができるでしょう。障子が生み出すインテリアについては、「障子紙でつくる機能的なモダンインテリア」も是非参考にしてみて下さい。

あなたも天然の素材を使って家づくりをしてみませんか?コメントをお待ちしています!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!