ハナミズキ通りの家: 岩瀬アトリエ建築設計事務所 有限会社が手掛けた家です。

積み木のようなファサード5選 – 絶妙なバランスの家!

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

ファサードのデザインは、建築家や住まい手の個性が出るポイントのひとつです。敷地の形状との相性や、色、素材、2Dの間取りからどのように立体を表現できるかまで複雑な要素が絡むぶん、創造性が問われます。街並みをつくり、地図にも残るからこそこだわりを持ちたいものではないでしょうか。今回ご紹介するのは、積み木のようなユニークなデザインのファサード5選です。一目見て印象に残るようなファサードのアイデアを見てみましょう!

1.4面が違う表情の家

3方向を道路に囲まれた敷地に建つ、藤原・室 建築設計事務所の手がけた家。環境上、建物の外周全てを見られることを前提に、この家がデザインされました。プライバシーの確保はもちろんのこと、箱を積み上げ、ひねったようなファサードは、隙間から光を取り込めるような仕掛けに繋がっています。さまざまな角度から差し込む光によって家の中は心地よく、複雑な形状のファサードは異なる陰影によっていつも新鮮さを感じる家になりました。本住宅については「新たな街並みを作るランドマーク的な家」で詳細をご紹介しています。

2.カフェと事務所、住居を併用の住まい

三角形や長方形、さまざまな形がくっついたような、1階をカフェと事務所、2階が住居になった家。岩瀬アトリエ建築設計事務所 有限会社は限られた敷地内に最高のパフォーマンスを実現させるようにこちらの家をデザインしています。特徴的なファサードは、それぞれが効率的にスペースが取れるよう工夫がされたところから生まれ、複数の役割を持つ建物とは思えないほど広く感じられます。住居部分は切妻屋根の高さを生かし、ぐんと高い天井によって驚くほどの広がりがある空間に仕上がりました。本住宅については「店舗併用でも広くて快適な住居を持つ!」で詳細をご紹介しています。

3.開放的な吹き抜けリビングのある家

環境建築計画の手がけたこちらの住まいは、約28坪の敷地に1.5mの高低差があるという一見難しい条件があります。狭小の敷地に住居と、駐車スペースなどを並立させるために、白いガラスの箱をコンクリートの箱に積み重ねたような佇まいになりました。高さやボリュームがあるにも関わらず、ホワイトの爽やかさとガラスの透明感のあるファサードは軽やかで開放的です。室内では、地面から浮いているためにまるで浮遊感のある暮らしが実現できます。とても狭小地とは思えないような広がりのある心地よい空間に仕上がりました。本住宅については「明るく開放感がいっぱい!お洒落で快適な4階建ての住まい」で詳細をご紹介しています。

4.大きな三角形が宙に浮いた家

KEITARO MUTO ARCHITECTSの手がけた、スキップフロアの3階建て住宅です。前面の敷地に駐車スペースが必要で、さらに2台は屋根付きを所望していた住まい手。リビングは開放的で天井を高く、広いテラスを… という望みを建築家によって形になったのが、こちらの家の風景でした。大きくせり出した三角形はテラスと開放感のあるリビングが一体になっています。さらにテラスの下は屋根として機能し、よくある住宅+カーポートのようなスタイルよりも、すっきりとした敷地の使い方が実現できました。本住宅については「ユニークな外観のスキップフロアで繋がる家」で詳細をご紹介しています。

5.家と家で箱をサンドイッチにした家

白い二つの家に、ブラウンの箱がサンドイッチされた独特な佇まいの家は、池田雪絵建築設計事務所によって手がけられています。敷地をめいっぱい有効的に使えるようにと、採光や風の通りを意識しながらデザインした結果、このような面白いファサードに仕上がりました。自分だけではなく、誰かと程よい距離を保ちながら共有ができたり、たくさんの人が集うための場になったりできるようにという住まい手の思いが叶えられた住宅です。本住宅については「適度な距離の一体化「sandwich apartment」」で詳細をご紹介しています。

敷地を有効的に活用しながら、デザイン性の高いファサードに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!