エクステリア外観: ISDアーキテクト/一級建築士事務所が手掛けた家です。

庭を隔てて母屋と共存する平屋の家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

趣きのある既存の樹木に加え、新たに植栽が施された庭を隔てて既存の母屋と新築の平屋の住宅が共存するプロジェクトをご紹介したいと思います。庭の存在を尊重するかのように 平屋の控えめな佇まいが美しい住宅です。設計は福岡に拠点を置くISDアーキテクト/一級建築士事務所です。ではさっそく見てみましょう。

軒先のある平屋住宅

水平の屋根が軒まで伸び、すっきりとした外観です。軒下の縁側のような空間が室内と庭の仲介役となって建物の内外を結びつけています。リビングエリアに確保された開口部が開放的で、平屋ならではのプロポーションが美しい家ですね。

モダンな住宅にも縁側空間

リビングから庭先に直接アプローチできる縁台もしくは縁側は、モダンな住宅にも是非取り入れたいですね。その黒い石材と共に同系色のガルバニウム製の軒先金物が建物を縁取るように設けられています。簡潔な建築デザインと庭の移ろい行く自然がインタラクティブな関係にあります。

プライバシーへの配慮 – コンクリートのソリッドな外壁

道路側のファサードはプライバシーや騒音を考慮し、コンクリート壁のソリッドなファサードとなっています。無味乾燥になりがちなコンクリート素材ですが、杉羽目板型枠の使用や植栽によって柔らかな表情を与えています。

ミニマルな玄関先

軒裏にも住宅室内と同様に木材を張ることで内外の境界線を曖昧にすると同時に、コンクリートや金物、タイルと言った素材で構成された外部空間に暖かな雰囲気を添えています。壁をくり抜いて外灯を設置するというのは無駄な付属性を省いた良いアイデアですね。

眺めの良いリビング

リビングから庭を隔てて母屋を見た時の眺めです。独特なリズムで低木が植栽された日本的な庭が、落ち着いた雰囲気で素敵ですね。既存の要素である歳を重ねた母屋とモダンな平屋の新築棟がお互い見え隠れするくらいの関係を保っています。

引き戸の魅力 – 全開にすることで外環境と一体化

リビングには3間半フルオープンできる引き戸が設けられています。全開すると室内と庭が一体となり、とても開放的な空間です。庭と反対側にはさらに光庭が配置され、採光や通気が十分確保されています。庭とはまた趣きの違った眺めを楽しむことができますね。

仕上げ材の選択

リビングエリアの木張りの天井にはスリットを設け、埋め込み型の照明を採用しています。床も同色のフローリンで統一され余計な色彩を排除することで、庭に広がる自然の色彩をダイレクトに感受することができるのではないでしょうか?

ビルトインのアイデア – 照明・空調・収納

個室はリビング空間とは打って変わって小さな開口が設けられています。空調や照明、収納を極力埋め込むことで、ミニマルな空間を実現しています。それによって配置される家具や調度品が引き立ちますね。

バリアフリーを採用した玄関

玄関口は広々としたバリアフリーになっています。玄関先から続く落ち着いた色のタイルの三和土部分と木のフローリングが境界を明確にしています。手摺を設けることによりお年寄りにもやさしい住宅になっています。奥の飾り窓のように見えるのは、リビング空間隣りの光庭への開口です。その奥にも開口が設けられ、空間の広がり及び繋がりをうまくアレンジした装置と言えるでしょう。

【平屋については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 平屋の魅力まとめ6選  

※ 平屋と2階建て、どちらを選ぶ?  

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼ 

募集ページはこちら

ナチュラルな北欧の家のスタイルを垣間見ることができましたか?是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!