ひなたぼっこ: 尾日向辰文建築設計事務所が手掛けたベランダです。

豊かな自然を満喫できるデッキテラスのある家

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは安曇野の山麓に60代の夫婦のために建てられた住宅。尾日向辰文建築設計事務所によって手掛けられたこちらは、北アルプスとのどかな田園風景を背景に、木のぬくもり溢れる、ゆったりとした穏やかな時間の流れる住まいです。薪ストーブのあるダイニングからフラットな床面でつながったデッキテラスからは遠く松本の市街地まで見渡すことができ、季節のうつろいと豊かな自然を満喫することができます。では詳しく見て行きましょう。

​のどかな風景に馴染む外観

敷地は安曇野の山麓にある数件からなる穏やかで落ち着いた集落にあります。そんな風景に馴染むような和風の外観です。屋根は片流れの瓦屋根、北側下屋部分の軒高が低く抑えられているのは、北側の道路を明るく開放的にする配慮からです。漆喰と杉板の外壁が素朴でぬくもりある雰囲気を醸し出しています。また、暗くなると格子と高窓から暖かな光が溢れだします。

​つながりを感じる空間構成

ダイニングを中心として、右手にある寝室、左手にある洗面所、浴室まで吹き抜けの天井で一体的に構成され、つながりのある空間が意識されています。夫婦が常にお互いの気配を感じながら暮らすことのできる空間です。またダイニングの窓を開放すれば、デッキテラス、さらにはその先に広がる田園風景にまでつながりを感じることができます。

​薪ストーブのあるダイニング

こちらは暮らしの中心ともいえるダイニングスペース。ウォールナットの一枚板で作られたダイニングテーブルと薪ストーブが、空間をチャーミングなものにしています。炉台は土間コンクリートの上にタイル張り、背面はコンクリート打ち放しの壁にして、ストーブの熱や、冬の陽ざしによる熱を蓄えるよう計画されました。コンクリート壁も、木目の転写があり、暖かい表情になるよう工夫されています。南側の窓からは一年を通して安曇野の美しい田園風景を楽しむことができます。また窓を開け放てば、フラットな床面でつながったデッキテラスと一体的に使用することができます。

​自然素材あふれる寝室

ダイニングのコンクリート壁の反対側は寝室となっており、蓄熱した壁の輻射熱による暖房効果が期待されます。寝室のコンクリート面には直に柿渋和紙が貼られ、柔らかな表情のコンクリート壁です。吹抜で広間と一体につながる天井には白竹が、床には柔らかくて素足に優しい杉のフローリングが採用され、さらに、壁は珪藻土入りの左官塗で仕上げられています。自然素材を多用した、和の風情溢れる落ち着いた雰囲気の寝室です。

​桧板張りの浴室

水掛かりの多い腰壁はタイル張り、その他は桧板張りで仕上げられた贅沢な浴室です。床も桧のスノコが採用され、洗面所とはフラットにつながっています。高窓からは緑あふれる里山の風景を望むこともでき、ゆったりとリラックスした入浴時間を過ごせる場所となっています。

​自然を身近に感じるデッキテラス

ダイニングからフラットにつながるデッキテラスは、開放的なつくりで、風景の一部になって自然に溶け込むことができるような空間です。西には里山の風景がひろがり、東は遠く松本市街地まで広く見渡すことができます。

豊かな自然を満喫できるデッキテラスのある住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!