小さいキッチンにはどんな色を取り入れる?

Shoko Shoko
Loading admin actions …

自宅の空間づくりの中で、色を決める事はとても重要になってきますよね。明るくしたいなら赤や黄色で鮮やかにし、落ち着いた雰囲気を好むなら木材や暗めのカラーをチョイスしたり。今回はそんな悩みの中で、小さいキッチンにはどんなデザインを取り入れると良いのか、様々なアイデアを紹介していきます。空間を広く見せる方法や、インパクトを出して個性溢れるものをつくるコツなど、是非参考にしてみてくださいね。

白にデザインを取り入れて

空間の凹凸を活かしたカラフルな家: nuリノベーションが手掛けたキッチンです。
nuリノベーション

空間の凹凸を活かしたカラフルな家

nuリノベーション

こちらは東京を中心に活動するNUリノベーションによって手掛けられた空間です。全体は白い壁で、アクセントにオシャレな模様が施されています。デザインはこちらのように独特でインパクトのあるものだと目につくので、空間が狭いという感覚は与えないでしょう。海外で見る模様など、お気に入りなデザインを取り入れると料理も楽しくできそうですね。

ふんわりとした淡い色

Plankbridgeが手掛けたキッチン

こちらはイギリスのPLANKBRIDGEが手掛けたカントリー風な小さなキッチン。キッチン台や料理器具にもはっきりとした色は使わず淡い色でまとめる事で、ふんわりとした空間が完成します。窓から光が入り、植物も取り入れて自然の感じられる優しい雰囲気に仕上がっています。

単色の緑でさわやかさを

緑の壁が印象的なこちらの空間を手掛けたのは東京を中心に活動する東章司建築研究所。小さいキッチンでも、このように単色で大胆に色があるとパッと明るくなりモダンなキッチンに仕上がります。青や緑だと落ち着き、さわやかな空間に仕上がり、鮮やかな色だとトロピカルな雰囲気もつくることができます。どんな空間に囲まれると居心地が良いのか考えていきましょう!

木材で自然のカラーを

オリジナルキッチン: 松井建築研究所が手掛けたキッチンです。
松井建築研究所

オリジナルキッチン

松井建築研究所

東京を中心に活動する松井建築研究所が手掛けたのは、木材の素材を活かしてつくられたぬくもりのある空間です。天井の照明は木材を照らしオレンジのグラデーションができ、自然からできた美しさを感じる事ができます。落ち着きのある空間に仕上げたい場合はダークブラウンをチョイスし、明るく親しみやすい雰囲気をつくりたい場合はこちらのようにライトブラウンにすると良いでしょう。

赤で明るく

真っ赤な壁でインパクトのあるこちらの小さいキッチンはイギリスから。キッチン台や他の壁には色を入れず、斬新なデザインとなっています。インテリアや小物で彩るのもいいですが、このように大胆に壁を塗ってしまうのもとってもオシャレ。チェアは黄色にし、赤の壁が浮かないようにさりげなく取り入れられています。

落ちついた色を

Equipe Ceramicasが手掛けたキッチン
Equipe Ceramicas

Masia Olive, Cream , Decor Jewel Cream 7,5x15

Equipe Ceramicas

こちらのイギリスの空間は、落ちついた色のタイルで仕上げられオシャレな雰囲気が漂っています。間には白でラインをつくり空間が広く感じられます。コーナーを使っているので、小さいキッチンでも十分なスペースで空間をスマートに使う事ができます。落ち着いた空間にする時はお花などを飾ってみると、可愛らしさがプラスされフレッシュな空気も感じられそうです。

小さいキッチンの色のアイデアについていかがでしたか?コメントお待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!