若葉いろの家: FrameWork設計事務所が手掛けた家です。

癒しの空間が魅力的な和モダンな家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

和のテイストが印象的なこの住まい、実はクライントは雑貨好きの若い夫婦。時を重ねると共に趣きを増す和モダンな空間にセンスの良いインテリアが引き立つこの家をの設計を担当したのはFRAMEWORK 設計事務所で、丁寧に作られた庭も必見です。

庭の風景を楽しめるように配置した建物

建物は前面道路に面した位置に設けた存在感のある庭をL字型に囲むように配置。選び抜かれた木々の眺めを楽しみながら進む飛び石の玄関アプローチや縁側が和の雰囲気を一層高めています。最近は街区に対して閉じたデザインの住宅が多いのですが、このように開かれた親しみのあるデザインがかえって新鮮ですよね。一部平屋建てにすることで圧迫感のない佇まいを見せています。

心地良い縁側空間

庭に面した縁側にはウッドデッキを採用。大きめのサイズがさりげなくモダンな木枠の開口が設けられ、室内に庭の風景をふんだんに取り入れながら室内に広がりをもたらしています。ハンモックを下げた縁側はこの家のアウトドアリビング。お天気の良い日は庭を眺めながらずっと過ごしたくなるような気持ちの良いとっておきの場所です。「山と田園と庭の風景を取り込む和風住宅」でもとっておきの場所として土間空間にハンモックを取り入れていています。是非ご覧くださいね。

センスの良さが際立つ内部空間

リビングにはオープンな階段を配置。室内を印象づけるオブジェのように存在感が目を引きます。思わず触れたくなるような自然な素材で構成される内部空間はさりげなく取り入れた和のテイストがスタイリッシュなオーダー家具と絶妙にマッチし、センスの良さが際立ちます。立体的な広がりを感じさせる吹抜けがいっそう心地良いリビングを演出。

和室を加えることで何倍にも増す空間の広がりと用途

障子を開けるとそこはタタミスペース。板の間を介して縁側そして庭へと広がる開放的な和室は、昼寝をしたり、子どもを遊ばせたり、もちろん客室としてもフルに活躍する便利な一室です。こうやってリビングとフラットに繋げることで普段使いできるのが嬉しいですよね。さらに開口部の上部にはムードのある間接照明を設置し、伝統的な建築要素の中に洗練された雰囲気を加えることも忘れていません。

経年変化が楽しめる住まい

リビングから続いてダイニングキッチンを同線上に配置。作業しやすいようにキッチンエリアは段差を設けています。経年変化の楽しめる風合いの良い木をたくさん使ったキッチンを始め、丁寧に作られたオーダー家具が素敵ですよね。ダイニングとキッチンエリアは化粧梁でラスティックな雰囲気に。天井の高さにメリハリをつけることでリビングエリアの開放感がよりいっそう強調されます。

こだわりの家具で実現するほっこり空間

リビングの上の廊下部分を利用してちょっとしたスタディーコーナーを設けています。吹抜けを介して1階と緩やかに繋がり、高窓からは視線が抜ける気持ち良い場所が生まれました。こちらの椅子も特別にオーダーしたもの。クライアントのセンスの良さとこだわりが感じられますよね。ほっこりする雰囲気の家具で囲まれた心地良い住まい、是非参考にしてくださいね。

坪庭のある癒しの空間

水廻り空間にも小さな庭を作りました。十分な採光や換気を取り込むだけででなく周囲の視線を気にすることなく自然の眺めを楽しめる贅沢な浴室。これだけ大きな窓を設けることができると開放感も一層増しますよね。また洗面室との仕切りをガラスにすることでさらに広がりをもたらします。デザインの凝った洗面器やバスチェアにも注目。日々の生活を彩るモノたちにこだわることで、日々の生活がワンランクアップしそうですよね。手がけた建築家は「そこに居るだけで癒される空間」と表現。まさにそんな言葉がぴったりの住まいですよね。

居るだけで癒されそうな住まい、いかがでしたか?皆さんの意見も是非聞かせてくださいね。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!