見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

インテリアデコレーションの間違いとは

林 直樹 林 直樹
Loading admin actions …

インテリアコーディネーションに絶対的なルールはありません。トレンドは日々更新されていきますし、新しいものは次々と生み出されます。しかし同時にあまりいいと感じないインテリアコーディネーションにはルールがあります。この記事ではその法則についてご紹介します。

色を混ぜない

インテリアの色使いは最も基本的なことであり、そして最後まで難しいところだと思います。やはりその失敗の多くは色の取り合わせのルールを間違うこと。まずは考えなしに色を混ぜるのは止めましょう。色味の調和は十分考えてから、壁の大きさ、家具の大きさなどに大きく左右されます。

アートワークは目線の高さに

何かアートワーク(絵画、写真)を飾る時は目線の高さに収めることです。作品の前にソファーがあるなら座った時の目線、動線なら立った時の目線。このルールは簡単に挑戦できることですので、ぜひお気に入りのアートワークを飾る時は注意してみてください。

窓の扱い方

カーテンは大きな面積を占めることから、部屋の印象を大きく左右します。ですが、カーテンがないのはやはり味気ない印象にもなってしまいます。カーテン、ブラインド、窓際の家具は視線を奪うので、ぜひ上手にコーディネーションしたいものです。写真はKOTA MIZUISHI / MIZUISHI ARCHITECT ATELIERの川に寄り添う家。

ゴールドとシルバーは混ぜない

ゴールドとシルバーは取り合わせがよくありません。これはずっと言われているルールで、やはり変わらないと思います。ですので、ひとつの空間に大きな面積や体積を占めるゴールドとシルバーを共存させるのはやめたほうが無難です。この記事も参考にしてみてください。

ダークトーンは部屋を狭く感じさせる

ダークトンはシックで落ち着いた印象が出る反面、インテリア全てがダークトーンですと部屋が狭く感じてしまいます。ダークトンでまとめる時は部屋が狭くならないような工夫、たとえば窓の抜けは確保する、明るい色をきちんと取り入れるなど、検討したほうが良いでしょう。こちらのスタイルも参考にしてみては。

壁に沿って家具を配置しない

壁に沿って家具を配置すると、やはりチープな印象になってしまいます。できれば空間にゆとりをもたせて、壁にそって家具を配置するのではなく、空間の真ん中にどしっと構える家具を配置したほうがインテリアデコレーションの仕上がりがよく見えるでしょう。

いかがでしたでしょうか。あなたのアイディアお聞かせください。コメントお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!