ダイニングキッチン: プラスアトリエ一級建築士事務所が手掛けたダイニングです。

開放感を生み出す広縁「四條畷の箱家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

建築家に家の設計を依頼するとなると、分譲住宅とは違って要望を出すことができます。そして建築家はクライアントの要望を考えながら、家の構造や間取りを考えることになります。今回クライアントが求めたのは縁側と開放的な庭。ですが、残念なことに庭を造れるほどの敷地はありませんでした。そこで建築家は開放感を生み出せる庭の代わりとなる空間を考えたのです。

住宅地に建つ家

今回紹介する家を手がけたのはプラスアトリエ一級建築士事務所。本住宅が建てられたのは大阪の四條畷市。敷地は古くからの住宅地にあり、その周辺には多くの家が建ち並んでいます。そのため、ここで求められたのは開放感を感じられることでした。ですが敷地には隣家が迫り庭を造ることはできません。また隣家が迫ることは別の問題も引き起こすことになります。それは外から中が見えてしまうことでした。そこでプライバシーを守る家が必要となったのです。

プライバシーを意識したシンプルな外観

住宅街に建つ本住宅は少し目立って見えるかもしれません。家は木造2階建てになっており、とてもシンプルな外観になっています。通り側から家を眺めると見えるのは玄関の扉のみ。このような外壁は家全体を覆っており、取り付けられたのは僅かな数の窓。そのため家の中をのぞき込むことはできません。このような外観からはプライバシーを意識した家であることがわかるでしょう。

暖かな雰囲気を感じさせる空間

家の中に広がるのは暖かな空間。特に2階では多くの木の存在を感じることができるでしょう。それを演出するのは木で作られた床や天井など。家の中の上下が明るい茶色で覆われており、木の存在感を強く感じられるでしょう。もちろん、そのナチュラルな素材は素材が持つ暖かさを感じさせ、家の中に暖かな雰囲気を生み出しています。そのためここでは心地良さを感じることができるのです。

開放感を生み出す広縁

家は外壁にはほとんど窓が見られません。そうなってしまうと、求められた開放感を得られなくなってしまいます。そこで考えられたのは、家の中に設けられた「広縁」でした。それは壁に覆われた屋根のない空間で開放的な縁側のようになっています。屋根が無いため太陽の光が射し込み、外の風が吹き込みます。そこに立てば、まるで庭にいるように、開放感を感じることができるのです。

縁側となる段差

本住宅では広縁に面している3つの部屋があります。そのうちの2の部屋は床の高さが広縁と揃えられており、気軽に出入りができるようになっています。そのため広縁は屋根の無い部屋と言えるかもしれません。ですが1つの部屋だけは敢えて段差が設けられています。それが果たすのは縁側の役割。それはベンチのように座ることができ、くつろぐことができます。もちろん縁側のように外にいながらも中の人と話すことができ、家の内と外を結び付ける中間的な空間となるのです。

クライアントの要望に応えた家

今回クライアントが求めた要望は、敷地の状況を考えると、その実現は簡単なものではありませんでした。ですが、ここでは広縁と呼ばれる空間を設けることで、庭や縁側のような開放感を得られる場所を作りだしています。それだけでなくプライバシーも考えられており、ここでは外から家の中を見られることはありません。このように本住宅ではクライアントの要望に応えて、心地良い生活が送れる家となったのです。

住宅地でも開放感が得られる家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!