見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

変化を見据えた家「Yokono ARC」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家が建てられた時の周りの風景が、そのまま残り続けるとは限りません。それは建物や道路などの建設によって姿を変えていきます。そのため家を建てる際には、これから先に起こることも考えて家を建てる必要もあるでしょう。今回紹介したいのは、そんな今後の変化を見据えた家です。それを手がけたのは平林繁・環境建築研究所。建てられた家「Yokono ARC」は周りの風景が変わったとしても心地良く住めるように考えられたものになっています。

高速道路建設予定地近くに建つ家

今回紹介する家が建てられたのは神奈川県にある丹沢山地の山麓。遠くには連なる山々が聳え、周りには畑や民家が点在する場所に家が建てられました。このような豊かな周辺環境は、もちろん活用しない手はありません。ですが、ここでは1つの問題がありました。それは将来、敷地の近くに高速道路が建設されること。もちろん風景や環境が変わることが考えられます。そこで変化を見越した家を建てる必要があったのです。

切妻屋根が生み出す個性

のどかな雰囲気が漂う場所に建てられた本住宅は少し目立つかもしれません。家の構造は木造2階建て。前面部分は低く、中心部分が2階建てとなっています。建物の低い部分には大きな特徴がなく、シンプルなものとなっています。ですが2階建て部分は強い個性を感じることができるでしょう。そこにあるのは切妻屋根と呼ばれる巨大な三角形の屋根。外壁からは屋根を支える柱も見え、建物の大きな特徴となっています。

風景を眺められるテラス

周辺には美しい環境が広がっていますが、それを楽しめる空間が家に設けられています。それは2階にあるテラス。そこからは周りに広がる大自然を楽しむことができます。また大きく張り出した屋根のために雨にあたることなく、外の空気や周りに広がる景色を楽しむことができるのです。

家と一体化する中庭

外観からはわかりませんが、家の中心部には中庭があります。そこに植えられたのは木々などの植物。一部の部屋は中庭に隣接しており、その間にはウッドデッキが設けられています。中庭と家の間にあるのは引き戸。それを収納してしまえば、家と中庭の境界は無くなり、中庭は屋根の無い部屋にようになるでしょう。そのため家の中に屋外空間があるように感じられ、圧倒的な開放感を感じることができるのです。

中庭が生み出す風の通り道

このような家でもう1つの特徴となるのは、建物を挟んで中庭の反対側に設けられた別の庭。それも壁と建物に囲まれているため中庭と言えるでしょう。このような2つの中庭が家を挟む形になっています。それが生み出すのは風の通り道。そのため家の中を風が通り抜けて、新鮮な空気をもたらします。そして心地良さを感じさせてくれるのです。

常に変わらずに心地良さを生み出す空間

自然に囲まれた本住宅ですが、家の中に敢えて中庭を設けています。そのため家の外に出なくても、そして外側に家を開かなくても、庭の自然を楽しめ、また開放感を感じることができます。もちろん外から見られることはありません。このような家の内側に設けられた中庭は、外の風景が変わろうとも、変わることはありません。このように本住宅では高速道路の建設を考えて、変わらずに心地良さを感じさせる空間を設けることで、風景の変化に対応する家になっているのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!