だんだんの家: UGU Architectsが手掛けたです。

中庭を通じてつながる家族!段差を楽しむ心地いい住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するプロジェクトは、一級建築士事務所UGU ARCHITECTSによって手掛けられた「だんだんの家」です。中庭を囲むようにして計画された住まいの建物は、段差のついた空間が連なるというユニークな作りをしているのが特徴です。少し個性的なデザインと中庭のある住まいに憧れている方には、何か参考になるアイデアが見つかるかもしれません。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

個性的な外観

敷地の周りには他の建物が隣接しているため、中庭を中央にして囲むように建物を配置した2階建てのこの住まい。周囲からの視線を上手に遮り、この家に住むご家族の生活のプライバシーを確保しています。主に片流れ屋根を持ったボリュームと箱型のボリュームがあり、そのメインの建物の前のアプローチ部分にはさりげなく塀が建てられ、外観のアクセントであるのと同時に目隠しの役割も果たしています。黒やグレー、アースカラーの落ち着いた色調により、個性的なデザインでありながらも強調し過ぎていることはなく、周囲に自然と溶け込んでいる印象を受ける住宅です。

囲まれた中庭

こちらは広いデッキテラスがありシンボルツリーも植えられている中庭の様子です。建物に囲まれているので、外部の視線を気にせずに、安心して家族だけのプライベートの空間を楽しむことが出来ます。天気のいい日は空を眺めながら中庭でくつろぐととても気持ちが良さそうですね。また住まいの建物は中庭に向かって開いている作りなので、生活の中で視線がこの中庭に向かうことも多くなり、家族が自然と集う機会もたくさん生まれそうです。

開放的なLDK

こちらは生活の中心となるLDKの様子です。白を基調としたシンプル&ナチュラルなインテリアでまとまられており、吹き抜けとなったリビングスペースによって開放感に包まれています。キッチン部分もカウンターがオープンとなっているので、LDKや中庭の様子を伺ったり家族の気配が感じられやすく、安心して食事の支度に取り組むことが出来そうですね。

中庭とつながるリビング

中庭に面した大きな開口によって、外との一体感が生まれているリビング。存在感のある梁が室内空間のアクセントになっています。リビングと中庭には気軽に行き来しやすい雰囲気があるので、屋外でも屋内でも自由気ままにくつろぐことが出来ます。また開口からは中庭を通じて各部屋の様子が分かるようになっており、家族がそれぞれの居場所で過ごしながらも、心のつながりが感じられお互い安心ですね。

段差を楽しむ空間

中庭を囲むようにしてプランされたこの建物は、さらに各スペースが段差をつけながらつながっていくというユニークな構造をしているので、窓から見える住まいの眺めにもそれぞれの個性があります。毎日の生活の中で空間の変化を楽しめる多様性のある住宅となっているようですね。例えばここからは中庭とLDKの様子が良く見渡せ、家族の誰かが気が付いたら手を振ったりするなど、自然とコミュニケーションも生まれやすくなりそうです。

趣のある和室

自然素材の優しい雰囲気と、控えめな開口部や障子を通して差し込む柔らかい光が、趣を感じさせてくれるこの和室。静かな時間を過ごしたい時に最適な空間となっており、お客様が来た時はゲストルームとして利用しても喜ばれそうです。そこに居るだけで落ち着きが得られ心が安らぐ畳の部屋は、モダンな住宅が多くなった現代にも、やはり欠かせない空間となっていることを改めて感じさせてくれます。

囲まれた中庭のある開放的な家族の家について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!