アプローチ: H建築スタジオが手掛けた家です。

家族の愛情に満ちた「フキの家」

Emi M Emi M
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

本日紹介する住宅は、ふき生産量日本一の愛知県東海市にあります。クライアントは6人の子育てを終えたご夫婦。これから夫婦2人だけの生活になるわけですが、独立した子供達がいつでも孫を連れて遊びに来ることができる、そして家族皆大人数で集まってわいわい楽しく過ごすことの出来る住宅が望まれました。完成したのは、ふきの花言葉「愛嬌・仲間」を思わせるような愛情に溢れた住宅。さっそく見て行きましょう。

外観

アプローチ: H建築スタジオが手掛けた家です。
H建築スタジオ

アプローチ

H建築スタジオ

レイヤードされた門扉や塀が家族のプライバシーを確保しています。しかしそれは一枚の大きな壁ではなく、オフホワイトやライトグレーといった明るく清潔感のある色彩、そしてスリットのある要素を組み合わせたもの。住宅をきちんと囲いながらも視線の抜け道があり、圧迫感も少ないという軽やかな仕上がりです。鉄筋コンクリート造のゲートをくぐった先は広いオープンスペースとし来客用の駐車スペースを2台分確保。その横には2台分のビルトインガレージがあり、車が必需品の地方都市生活には嬉しい設計です。

リビングルーム

吹抜けと大きな開口部からたっぷり降り注ぐ自然光が気持ちのいいリビングルーム。家具は白、グレー、黒でまとめてシックに落ち着いた大人の空間に。 豊かな質感を持つウォールナットのフローリングが温かい表情をプラスしています。塀がプライバシーを守っているのでカーテンの必要が無く、隣接する庭へも内と外の境界無く連続した空間として楽しむことができます。塀で囲まれた外観からは想像できないほど広く開放的なこの庭は、お孫さんの遊び場、そして家族の団らんの場です。

キッチン&ダイニング

キッチン(アイランドキッチン): H建築スタジオが手掛けたキッチンです。
H建築スタジオ

キッチン(アイランドキッチン)

H建築スタジオ

スタイリッシュなアイランドキッチンを中心としたキッチン&ダイニングスペースです。独立しているアイランドキッチンでは料理を手伝いながらお喋りをしたりお酒を飲んだりと、料理をしている人が孤独にならず皆でホームパーティを愉しむことができます。キッチン周りはゆったりとしたスペースが取られている上、大容量の収納が完備され動線もスムーズ。機能面も充実しており料理好きはもちろん、料理が苦手だという方も思わず使いたくなるような機能的で快適なキッチンです。

ツヤ感のある素材で

キッチン(アイランドキッチン): H建築スタジオが手掛けたキッチンです。
H建築スタジオ

キッチン(アイランドキッチン)

H建築スタジオ

アイランドキッチンや冷蔵庫など主要な設備をツヤのあるメタリックな質感のものにして空間を華やかに、そして繊細なガラスのペンダントライトと独特の色彩豊かなベネツィアンモザイクタイルがさらに美しさと艶やかさをプラスしています。

シーンに合わせて使い分け

室内にはレッドシダーの無垢板、珪藻土、素焼きタイル、モザイクタイル、磨きタイル、ウォールナットのフローリング、琉球タタミなど様々な素材をシーンに合わせて使用。インテリアはシンプルにまとめても素材感があるおかげで豊かな表情のある空間に。珪藻土は脱臭及び調湿という効果があり、住まう人に優しい作用もあります。

環境に配慮した設備

2階廊下より吹抜けから見下ろす: H建築スタジオが手掛けた廊下 & 玄関です。
H建築スタジオ

2階廊下より吹抜けから見下ろす

H建築スタジオ

窓には断熱性能に優れているLow-Eの複層ガラスを使用しています。複層ガラスとは二枚のガラスの間に乾燥した空気を閉じ込めたもので、遮熱や断熱効果で室内環境を快適に保つことができる高機能ガラスです。照明はLEDを採用することで使用電力とCO2排出量を抑え、さらに大屋根に搭載した太陽光発電8.0kw、及びエネファームのダブル発電システムでクリーンな自家製エネルギーを生産・使用。これは電気代の節約だけではなく、発電したエネルギーを販売することにより光熱費が貯まるという環境にも人にも優しい設備です。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!