天理の家: 小笠原建築研究室が手掛けた家です。

山と田園と庭の風景を取り込む和風住宅

JUTO JUTO
Loading admin actions …

超モダンな建築が建設される現在でも 伝統的な日本建築は世界でも高評価を受けています。日本の素晴らしいところは、 一般住宅でもまだまだ伝統工法や様式を好む人も多く、昔ほどではないにしてもそういった建物を手がけることのできる大工さんや左官屋さんが存在していることです。ご紹介するこの和風住宅は小笠原建築研究室が設計を手がけました。丁寧に仕上げられたディーテールや庭の風景が心に響く住まいです。

山並みのように連なる屋根が印象的な和風の外観

遠くには山並みが望め近くには田園風景が広がる恵まれた自然環境と繋がるような住宅が計画されました。山のように連なった軒の深い屋根は、和風建築の落ち着きのある佇まいを見せています。街区に対して適度に開放的なデザインをとりながらも、軒の深さや心理的な距離感によってプライバシーを程よく保っています。

軒下空間を介して繋がる建物の内外

格子の引き戸タイプを採用した玄関は木張りで仕上げ、上品な色の塗り壁にアクセントを添えています。玄関ポーチとそのまま繋がる丁寧に作庭された庭空間が目を引きます。深い軒下空間には大きな開口を設置。一部2階建てとなった大部分が平屋建てのこの住宅、その絶妙なプロポーションや軒の水平なラインが安定感を感じさせます。「こだわりの庭空間にひと際映える和モダンな二世帯住宅」も素敵な庭が眺められる和風住宅です。是非参考にしてくださいね。

ただの玄関だけではもったいない

玄関ポーチより続いて淡路の窯変タイルを敷き詰めた土間空間。もう一つの庭と掃き出し窓を全開することで一体化するユニークなエントランス空間です。そこは単なる三和土ではなく多目的に使える半屋外空間のようなユニークな場所。がっしりとした梁にハンモックを下げてくつろぎや遊びの場にもなるんです。内部空間と続く大きな間口には引き込み戸を設置し、開ければ土間空間を介して庭まで繋がる広がりを感じさせる心地良い住まいになっています。

薪ストーブのある心地良いLDK

こちらは土間空間から見たろことです。ワンルームに配置したLDKからは縁側のような軒下空間を介して南側の庭の風景も望めます。土壁と珪藻土の壁、ウッドフロアやあえて見せている木の軸組など自然な素材をふんだんに採用したほっこりするような雰囲気が素敵ですよね。リビングコーナーの奥には存在感のある薪ストーブを設置。心地良い暖かさを提供してくれる優れモノです。

2方向に周辺の自然環境を眺められる大らかな生活空間

リビングは一部吹き抜けとすることで開放感を添えると同時に上階と緩やかに繋がります。屋根の構造がそのまま現れた天井は連続する垂木と木張りの仕上げ。ラスティックな雰囲気が家全体を包み込み温かみのある住空間を演出しています。LDKから土間空間そして東側の庭越しに田園風景やさらに遠くの山々まで視線が抜ける広がりを感じさせる空間構成と周囲の恵まれた自然環境を室内に取り込んだ立地を最大現に生かしたデザインが印象的ですよね。ずっと住み続けたいと思わせるような心地良さは、経験のある大工さんや左官屋さんによる丁寧な仕事のおかげかもしれませんね。

写真:笹の倉舎/笹倉洋平

自然の風景や自然の素材をふんだんに取り入れた心地良い和の住まい、いかがでしたか?是非皆さんの感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!