東谷山の住宅: アトリエ環 建築設計事務所が手掛けた家です。

新たな自然環境としての中庭と融け合う和モダンな住まい

新たな自然環境としての中庭と融け合う和モダンな住まい

JUTO JUTO
JUTO JUTO
Loading admin actions …

眺望が望めるとか高台の敷地といった外部環境や立地条件であればそういった要素を設計の拠り所にすることもできますが、これといった特徴のない典型的な住宅地での住まいづくりって意外と難しそうです。ご紹介する住宅も周囲に取り込みたい自然環境がないので、新たにプライベートな自然の風景として中庭を設けています。和モダンな雰囲気が落ち着いた空間を作る瀟洒な住まいです。

木を程よく取り入れた外観

手がけたのはアトリエ環。周囲は集合住宅や商業施設が混在する住宅地ですが、広大な敷地を最大限に生かしながらいくつかの中庭を含むコートハウスとして計画されました。主な駆体はコンクリートで道路や近隣住宅に対してはやや閉鎖的な外観としプライバシーを確保していますが、程よく取り入れた木の外壁や屋根近くに設置されたハイサイドライトが街路に向って親しみのある佇まいを見せることも忘れていません。

ガラスが繋ぐRC造と木造の調和した建築

ソリッドなコンクリートの壁で構成される壁面に木造のフラットな大屋根を架けた重厚感と軽快感を合わせ持った建築です。壁と屋根の2種類の独立したエレメントを強調するかのようにガラスのハイサイドライトを間に設けています。プライバシーに配慮しつつ採光を確保すると共に室内の灯りを外部に届けるといった内外の関係性も生み出すハイサイドライト、是非取り入れてみてはいかがでしょう。

他の空間と緩やかに繋がる玄関

玄関はゆったりとした三和土とホールで構成され、視線はそのまま奥の趣きのある中庭まで抜ける開放感溢れるエントランスです。高めの天井や居室間の欄間によって広がりと一体感を持ち合わせたデザインがリラックス感のある住空間を作り出しています。天井に張られた木板は中庭の軒先まで伸び、内外が融合するような空間構成が目を引きます。

ハイサイドライトをふんだんに取り入れた住まい

室内空間に応じて大小のインナーコートが設けられたこの住まいは、どの居室からでも自然を感じられる中庭が見え、そして内外空間の繫がりを作り出します。シンプルかつ機能的な動線で結ばれたワンルーム型のLDKは、リラックスしたい時はアクセントとなる格子の間仕切りで緩やかにリビングをダイニングキッチンエリアと仕切ることが可能。空間全体にぐるっと配置されたハイサイドライトが抜け感と明るさをもたらす開放的なLDK。さらに中庭とも天井までの開口によって繋がり、外部からの視線を気にすることなく自然の移ろいや外空間を楽しめる恵まれた住環境が確保できました。

可動式間仕切りが可能にする開閉性のある空間

住空間は様々な可動式の仕切りで区切ることが可能になっており、全開すればお互いが繋がり、広々とした空間が生まれます。何よりもガラスの欄間によって天井を共有することでこれ以上はないくらい室内の一体感が感じられますよね。タタミのスペースから書斎を介して小さめの中庭空間まで繋がり、廊下との仕切りも全開すればリビング側の中庭とも一体感を生み出します。恵まれた敷地の規模によって実現する住まいですが、豊かな家を作り出す中庭と室内空間の関係は参考になりそうですよね。「中庭に囲まれる瀟洒な住まい」もプライベートな外部空間によって心地良い室内を作り出しているのが、印象的です。是非ご覧ください。

中庭が生み出す自然環境を取り込んだ情緒豊かな家

まるで旅館のお風呂のような趣きのある浴室も全面ガラスによって 中庭とダイレクトに繋がります。天井と壁が中庭まで延長されることで一体感を強調。夜になると中庭の樹木はほのかにライトアップされ、至福の入浴タイムを演出してくれます。ポテンシャルのない外部環境に囲まれた立地でもプライベートな外空間を設け、自分好みの自然要素を住まいに取り込むことが可能なんです。ますます注目される中庭、是非検討してはいかがでしょう。

写真撮影:三好芳昭

家の中にいても外にいるような感覚を生み出すインナーコートハウス、いかがでしたか?
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!