Atelier Belge が手掛けた

ガーデニングでベランダを心地よくしよう

ガーデニングでベランダを心地よくしよう

Aya F. Aya F.
Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

ベランダは、集合住宅にお住まいの方にとって庭のようなもの。室内とはまた違った雰囲気を楽しめる空間です。折角のプライベートな屋外スペース。ガーデニングで自然を感じられる自分だけのミニガーデンを作ってみませんか?身近に緑があったり土いじりをしたりしていると、ストレスが解消され心が落ち着くそうです。今回は、ベランダでガーデニングをするときのアイデアをご紹介していきます。一工夫でおしゃれにアレンジしていきましょう。

ベランダでもガーデニングを楽しもう

ベランダのサイズは、お住まいによってずいぶんと異なるものです。コンパクトサイズならば、なるべく省スペースを心がけたいもの。ガーデニングのための道具や小さな鉢などをいくつか置く場合、例えばこちらのように壁掛け式のラックを取り入れてみると、すっきりとまとまりますね。大き目のプランターや高さのある植物や木は床に置くのが安定しますが、ハーブのようにちょこちょこと料理のために摘み取るものは、高めのポジションが使いやすそうですね。

欄干も上手に使う

小さなベランダを小ぢんまりと飾りたい場合に活躍するのが欄干です。足元に鉢植えをたくさん置くと、くつろぎの場としては使いづらくなるもの。こちらのように、欄干にプランターを吊るしたり、欄干にはめ込めるデザインの鉢を取り入れたりすると、足元もすっきりとしながらも植物を楽しむことができます。この時に気を付けていただきたいのが、プランターを吊るすときには内側に掛けること。突風や地震などの時にも落下しないような対策をしておきましょう。

手軽におしゃれに見せよう

限られたスペースで、心行くまで植物を飾ろうとすると、空間が足りなくなってしまうこともあるかもしれませんね。棚などを置くのも一つの手ですが、手狭になってしまうことも。手軽におしゃれに見せたいのであれば、例えばすのこやパレットを利用してみてはいかがでしょうか。こちらでは、古いパレットを壁に立てかけ、これに金具を使って鉢を吊るしています。小さなスペースながらもお好みの形にアレンジができるため、立体的に楽しめそうですね。

いろんな種類の木を集めて目隠し

お住まいの階によっては、ベランダを第二のリビングとして使うには、人の目が気になる、ということも往々にしてありそうです。ある程度広さのがるベランダをお持ちでしたら、植物で目隠しにしてみるのはいかがでしょうか。こちらは、バルセロナのランドスケープデザイナー・esverdの手がけたテラスです。ソファーセットの周りには、高さや種類の異なる灌木や植物がアレンジされています。いくつもの種類を取り交ぜることで、単調になることを避け、オリジナリティあふれる空間となっていますね。

省スペースでハーブを育てよう

料理好きならば、ガーデニングで最初に手を付けたいのはハーブを植えることなのでは?!本格的にいろんな種類のハーブを取り入れたい場合、やはり鉢の置く場所が問題となります。そうした心配を解消してくれそうなのがこちらの鉢。円錐型を逆さに向けた形の鉢が塔のように連なっていて、それぞれにお好みの植物を植えることが可能です。直植えするときにも問題になるミントも、このように植える空間が分かれていると安心ですね。

木箱で立体的に楽しもう

いろんな鉢植えを、限られた空間に置こうとすると、どうしても限界がありますし、床に鉢をたくさん並べると、見た目にも足の踏み場としても問題が出てきます。どの鉢植えにも愛情をこめて飾るのであれば、立体的にアレンジすると、見た目にもスタイリッシュで、日当たりの改善になることも。わざわざ鉢のためのひな壇を購入しなくても、木箱のようなものを横にして積み重ねて置くことで、縦の空間を使うことが可能になります。シンプルだけどとてもおしゃれですね。

取り入れてみたいアイデア、見つかりましたか?ご意見ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!