見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

どのように各部屋をカスタマイズする?

Shoko Shoko
Loading admin actions …

家の中で、玄関やバスルームなど特にゲストが目にする空間はどのようにアレンジをしようかこだわりを持ったりするもの。でも自分自身が使う趣味の空間や仕事をするスペースだって素敵に仕上げたいですよね。今回は、そんな各お部屋の空間をどのようにカスタマイズしていけば良いのかアイデアを紹介していきます。ユニークに、そしてカラフルに。様々なお部屋を早速チェックしていきましょう!

空間を上手く使って

こちらはウクライナの建築家によって手掛けられたすっきりとした空間。ベッドルームや手前のデスク、クローゼットなど生活の流れが見えコンパクトにまとまっているのでスマートに動けそう。仕切りがそんなになくても一つ一つの空間が独立して見えるのは配置の仕方によるものでしょう。ジャケットは玄関の近く、そしてデスクに向かい、眠くなったら向かいのベッドへ。この三角のラインの流れが空間をスマートに見せているのかもしれません。

自分が好きな場所を

こちらは東京を中心に活動する向山建築設計事務所によって手掛けられたもの。壁の中に部屋があるような感覚でユニークな構造になっています。ピアノを弾く場所や本を読んでくつろぐスペースなど、広くはなくてもそれぞれが独立しているので集中できそうですね。違う壁の色にする事でお部屋の雰囲気も変わっていきます。好きな事をしている時は気分転換にもなりますし、こういった空間が設けてあるとどんな空間をカスタマイズしようか楽しんで仕上げていけそうです。

スマートに空間を使って

ヌリノイエ: mattchが手掛けた和室です。
mattch

ヌリノイエ

mattch

こちらは名古屋と大阪を中心に活動するMATTCHが手掛けた家。リビングから一段カクッと下がったお部屋がありユニークな構造となっています。仕切りは壁で覆う事なくあえて見える構造で、顔を覗かせたり小物を置いたりなど空間を楽しく使う事ができます。外の光も入り込み、開放感のある明るい部屋に仕上がりました。

ドアを色で分ける

ドアが並んでいる時、それぞれに違う色が塗られてあると室内のイメージも見た目から判断でき、どの部屋に行くのか迷う必要はありませんね!こちらを手がけたのは福岡県を中心に活動をする田村の小さな設計事務所。家族で話すときも”青の部屋にあるよ”、”ピンクのドア開けて”など会話もしやすそう!見た目もカラフルで可愛らしいですしユニークな空間に仕上がります。

スキップフロアで

ツボミハウス: FLAT HOUSEが手掛けた家です。
FLAT HOUSE

ツボミハウス

FLAT HOUSE

こちらは東京を中心に活動するFLAT HOUSEによって手掛けられた空間です。同じ空間でフロアの高さを変えてできた構造、スキップフロアを取り入れた仕上がりとなっています。子供が遊ぶスペースではネットを張るなどして安全面も考え、家族が暮らしやすい住まいに。各空間は一つ一つ区分けされていますが、壁がないため開放感も味わえますね。

一つの空間でもきちんと区分けを

子供だって、自分だけの空間は欲しいもの。でも一部屋の場合どうカスタマイズすればいいのか悩みますよね。京都を中心に活動をするARAKAWA ARCHITECTS & ASSOCIATESによって手掛けられたのは、三つの空間がそれぞれに出来上がったパーフェクトでカラフルな子供部屋です。好きな色をそれぞれ選んで、自分なりにアレンジし放題です。

空間をカスタマイズしていくアイデア、いかがでしたか?コメントをお待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!